1. トップ
  2. デザイン会社を探す [ 会社一覧 ]
  3. デザイン会社詳細

株式会社山翠舎

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区広尾3-12-30 1F [地図]
代表者 山上浩明
担当者 成瀬 葵
設立 1968年7月28日
業種・業態 木のお店づくりなら山翠舎(さんすいしゃ) デザイン・設計・施工・工事
スタッフ数 25人
建築 建築設計可能
資格・許認可 株式会社山翠舎一級建築士事務所 (長野)A第26281号

社内風景

東京支社のコミュニティースペースです。テレビ会議システムで長野の工場と連携しています!

その他の写真

山翠舎の工場は、信州の北アルプスの麓です。家具建具を制作しています。

過去事例

2017年 信州ブランドアワード受賞
2017年 たけしのニッポンのミカタ 2回放映 他
2018年 アントレプレナーオブザイヤー甲信越代表 ファイナリスト
2018年 ダイヤモンド社「レガシーカンパニー4 世代を超える永続企業 その伝統と革新のドラマ」に掲載


2009年から店舗デザイン.comに登録
古木を活用したお店の設計施工したお店は2017年400店舗を超えしました。

1930年創業で、木ひとすじ88年です。
建具屋で創業し、一般建設業として設立。
現在法人50年目です。
2009年から設計デザインの事業を開始して、現在では融資のアドバイスやグラフィックまで行っています。
お客様にWOWとおっしゃっていただけるようなサービスを追求しています。

デザイン会社からのメッセージ

「古木は人を引き寄せる。」
古木を使ってお店をつくると、木の居心地の良さで、あなたのお店がサードプレイス(The Great Good Place)になります。
人であふれた賑わいある空間になります。
詳細については「無料相談会」でお話しさせてください。

お店づくりは、コンセプトを考えて、図面を書き工事を行うので、とても手間と時間ががかかります。カカクコムなどで既製品を安く購入するような発想では、デザイン会社・施工会社を選ぶことはできません。店づくりのパートナーを選ぶのに大切なのは、理想のデザイン性はもちろん、お客様との「相性」ではないでしょうか。
お客様の予算に合わせながら柔軟に仕様を変えていき、いかに良い空間を共に追求できるかが大切です。

山翠舎は創業88年の老舗工務店。「古木」という古民家かから取れる味わい深い柱や梁を店舗づくりの内装に再利用した提案を得意としています。自社に木工場があるため、設計から施工、流通まで一貫体制でコストパフォーマンスの良いお店をつくることができます。
また、店舗づくりの際の資金調達(融資)のアドバイスも2015年から行っており、大変好評を博しています。

私たちが行うお店づくりについて、少しご紹介します。。
驚かれるかもしれませんが、週に1回のお店づくりの打ち合わせで、言いたいことを言っていただくだけでかまいません。6回ほどの打ち合わせで、コンセプトとご予算に合わせた図面を完成させます。お客様はメニューの構想やスタッフの戦略など、ソフトの部分のみ専念していただければいいのです。繁盛する店舗の設計は、しっかりと山翠舎で提案させていただきます。

山翠舎では、ほとんどの施工会社がそうであるように、「お店が完成したら関係は終了」ということはありません。。
「koboku倶楽部」という山翠舎で店舗づくりを終えたオーナーの会(サロン)があり、毎月の店舗交流会を重ねながら、メニューの研究や食材の仕入れ先、ユニフォーム、器の情報などの共有など一人では知り得ない情報を横のつながりで知ることができます。また、koboku倶楽部として顧問弁護士をつけており、法律の相談なども無料で行うことができるほか、メンテナンスサポートの体制も充実しています。末永く、オーナーの店舗経営をバックアップさせていただきます。

お店づくりを検討中の方や、諸般の理由でお悩みの方は、もしよろしければ、この店舗交流会に一度参加してみてください。
現役の店舗オーナーから、大変有益なアドバイスを受けることができます。
山翠舎でお店を作った400名のOBの方が、これからお店をつくろうとしている未来のオーナーに、親切に教えてくれる環境が整っています。
店舗交流会の他、ほぼ毎日行っている無料相談会にもお気軽にご参加ください(相談は予約制)。

もう一度お伝えします。全くのゼロからお店をつくり上げることは大変な作業ですので、一番大切になるのは、やはり施工会社・デザイン会社との「相性」です。
その相性を確認するためにも、ぜひ無料相談会に足を運んでいただきたく思います。



【以下のような方も大歓迎です】

●他社にお見積もりを依頼したが予算に合わなかった
→予算に合わせた設計ができていないのが原因です。設計と施工の連携が取れていません。アドバイスなら無料でさせていただきます。

●店舗のデザイン・施工に慣れていない業者に頼んでしまった。
→住宅ばかりをやっている設計者・施工者は店舗のことは知りません。実績のある業者に依頼しましょう。特に水回り、防水、導線で差がでます。

●一般的な工務店に頼んでしまい提案・デザイン面が気に入らない。または、デザイン性を重視されすぎていて使い勝手が悪い。
→設計と施工のバランスが悪いのが原因です。誰のためのお店でしょうか。そこにいるお客様が快適で居心地がよく、結果として集客力があるお店でなければ意味がありません。それは、見た目のカッコ良さがあれば集客があるということでもないのです。どうしてお客様はお店にいらっしゃるのでしょうか。それはお店のオーナーの想いが空間に反映されていて、それを心地よく感じていただいて初めて成立します。「ストーリー」が語れるお店、コンセプトがしっかり反映されたお店になっているかどうかです。予算に合わせて、そういったお店を形にすることが大切だと考えています。


【山翠舎のコンセプト】
「古木でここちよいお店をつくろう」

古民家、その建材である古木には、今では失われたかつての林業や大工さんの知恵が詰まっています。ライフスタイルの変化により古民家が手放されていく今、古木もまた廃材として捨てられています。山翠舎は、古木を廃材ではなく継承するべき財産ととらえ、新しい価値を吹き込みたいと考えています。
古木には自然が生む本物の形、そして手仕事による温もりがあります。そうした古木を使って生まれる空間には、人間と自然の営みを映し出す深い味わいとここちよさがあります。

山翠舎では、そうしたここちよいお店をつくるにあたって、以下の3つのコンセプトの柱を立てています。

●1/ エコロジカルな価値の創造
→自然素材である古木を再利用することで環境と調和のとれたものづくりを行い、持続可能(サステナブル)な社会の実現に向け力を注ぎます。

●2/普遍的なデザインの追求
→古木がもつ素材そのものの力(本物の魅力)を活かしたデザインを目指します。素材の良さを失わせるような過剰な意匠は避け、普遍的なデザインを追求します。

●3/ストーリーを大切にしたモノづくり
→ただの箱物はつくりません。ストーリーのある空間をつくります。これからお店をつくろうとされるオーナー様のストーリー、豪雪地帯で古木が紡いできた100年のストーリー、そして80年以上にわたり木を扱いつづけてきた山翠舎のストーリー。これらをすべてを結び合わせ、プランづくりを行います。お店が完成した後も引き続きオナー様の「人生のストーリー」が実現されるようサポートさせていただきます。


【メッセージ】

一本の古木から、
あなたの店のストーリーが始まる。
初めて来たのに、ホッとする。新しい店なのに、なつかしい。
店づくりにおいて山翠舎がめざす「居心地のよさ」。
その立役者は、わたしたちが愛してやまない「古木」にあります。
囲炉裏で燻され黒光りする表面の、ツヤとぬくもり。
何代もの家族の歴史と共に歩んだ傷、古の匠の手佁の跡。
長野の木工所から始まった山翠舎は、そんな「古木」という素材に魅せられ、
今や古民家解体から店舗設計、開業や融資のお手伝いまで引き受ける、
「お店づくりのパートナー」となりました。
自社一貫施工にこだわることで、
1000 本以上もの古材 1 本 1 本の来歴を記録し、
「どこの古民家の、どこに使われていたか」まで把握する。
「デザインしすぎない」を心がけることで、
ひとつとして同じものがない、古木の味わいを活かしきる。
豪雪地方の古民家で 100 年もの間暮らしを支えてきた太い柱や梁が、
深みとぬくもりを添える空間。
あなたが思い描く、心地よく笑いの絶えない、世界にひとつのお店づくりを
私たちと一緒に始めませんか。


【当社代表・山上より】

「私はこの10年で400件のお店づくりに携わってきました。実際にお会いしたお客様は1000名以上にのぼります。『どういう方がうまくいったのか』『うまくいかない方はどういう方だったのか』を見てきました。人生をかける開業で失敗してほしくありません。無料相談会では、今までの経験をストレートにお話しさせていただきます。お会いできることを楽しみにしています!」

デザイン事例

利用者の声(店舗デザイン.COM ライターが取材した店舗)

和牛黒煮込み あぶくま亭
居酒屋
[ 出店・改装日 ] 2012年11月26日
葡萄屋Maru-Shu
ワイン居酒屋
[ 出店・改装日 ] 2011年10月5日
旗の台Routine Dinning Pizzeria&chariial Grill
イタリアン
[ 出店・改装日 ] 2011年11月9日

[特集] デザイナーの流儀

問い
カフェのレイアウトを設計する際、席数は坪当たり何席ぐらいが一般的ですか?
流儀
席数についてですが、一般的には坪×1.5~2が席数と言われております。 客単価が高ければ1.5寄りに 客単価が低ければ2寄りになるかと思います。 どのぐらいの売上を目指すのか。そのため・・・続きを読む⇒
問い
店舗の内装工事の耐用年数はどれくらいの期間(年数)で減価償却するのが一般的ですか?
流儀
耐用年数と減価償却の年数は違うお話になります。 税務からの回答の場合は、減価償却においては 二つを考えなくてはいけません。 「固定資産に含まれる」か「固定資産は含まれないのか」です。・・・続きを読む⇒

▼ お知らせ一覧

629