1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. ヴィノシティ

株式会社リクド : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南青山4-20-1 [地図]
代表者 松浦弘樹
担当者 松浦弘樹
設立 2009年3月
業種・業態 企画・設計・監理・ブランディング・店舗デザイン・販促デザイン(グラフィック・ウェブ・イベント等)
デザイナー数 3人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
概要

店舗名 [ヴィノシティ]

ヴィノシティのHPへ

東京都千代田区鍛冶町2-4-1佐伯ビル1F/B1F / 神田 / 欧風ワイン居酒屋 / 19.8 坪
松浦弘樹 小林司郎
ヴィノシティ ヴィノシティ ヴィノシティ ヴィノシティ ヴィノシティ ヴィノシティ ヴィノシティ ヴィノシティ ヴィノシティ

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

神田駅徒歩5分にある焼鳥屋の居抜き物件を部分改装したワイン欧風居酒屋です。予算に厳しいプロジェクトであったため、またオーナー様が段階的な改装も視野に入れていたため、そのまま使用できる部分はなるべく流用するように計画を行いました。

メインとなるフロアはB1Fであったため、いかに入りやすい店舗にするかが鍵となりました。そこで、予算のほとんどをエントランス・アプローチ部分に注ぎ込みました。既存エントランスはドアが小さく、店に入りにくい、地下の様子が分からない、賑わいが感じ取れない状況であったため、間口一杯に開口を確保し、ワイングラスのシャンデリアを吊し、道行く人々の目線の誘導を図りました。

また、オーナー様がソムリエということもあり、ワインの木箱や樽を格安で仕入れてもらい、それらを仕上材及び棚とすることで、材料費を抑えました。B1Fは天井・壁を黒く塗り直し、アクセントにワイン木箱で見せ場を創りました。全体が黒いインテリアなので、居抜きの見せたくない部分は見えにくくなり、新規のワイン木箱の壁面のみが浮き出てくるので、コスト以上に雰囲気を変えることはできたと思います。また、地下の閉鎖的な空間を少しでも広く見せるため、壁1面をミラー貼りとしました。

居抜き店舗でも外観の構えを全面的にリニューアルさせることで、道行く人々に新しいお店がオープンしたことをしっかり魅せる事ができたのは良かったと思っています。また、一目でワインが飲めるお店であることが認識できるというわかりやすさも大切だと思います。1F部分は気候が暖かい時期には立ち飲みスペースとして使用できるようにも計画しています。

ショップカードやスタッフの名刺、メニュー、チラシ、ホームページ等も弊社でデザインさせていただきました。オープン後しばらくは、客層や客単価に応じて、メニューや販促対策も流動的である必要があるかと思います。そういう流動的な状況に対して、タイムリーに対応してあげるのも店舗デザイン事務所にとって必要なことであると考えています。

デザイン担当

松浦弘樹

Hiroki Matsuura

デザイナー

松浦弘樹の写真

施工管理担当

小林司郎

Shiro Kobayashi

デザイナー

この作品の
イメージキーワード