1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 生け簀の銀次(沖縄)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [生け簀の銀次(沖縄)]

生け簀の銀次(沖縄)のHPへ

沖縄県那覇市 / おもろまち / 産地直送仲買人 / 57 坪
兼城 祐作 佐藤弘美
生け簀の銀次(沖縄) 生け簀の銀次(沖縄) 生け簀の銀次(沖縄) 生け簀の銀次(沖縄) 生け簀の銀次(沖縄) 生け簀の銀次(沖縄) 生け簀の銀次(沖縄) 生け簀の銀次(沖縄) 生け簀の銀次(沖縄)

店内全景。箱型のブースで構成された店内は、個々のブースで高低差があり、空間に臨場感が生まれる工夫を凝らしています。

ファサード。太字で書かれた特大メニュー札がかけて、業態の訴求効果を計っています。

エントランス。両側の壁一面に巨大な魚拓の額縁をディスプレイしている。

店内よりエントランスを見る。来店導線では敢えて店内を見せずにディスプレイなどで焦らし、開けた時の高揚感を演出するプランニングにしています。

店内を見下ろしたカット。

オープンキッチンにする事で料理人の舞台を演出し、メニュー札やディスプレイされた食材によりを空間にシズル感を醸し出しています。

掘りごたつ式の小上がり席。魚拓のディスプレイにより空間に粋な空気が漂う演出をしています。

白木で統一された店内では清涼感と一体感を重視し、カラースキムを決定しています。

天井を掘り込み、ミラー貼りにする事によって開放感と遊びを加えています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

生け簀専門店として常に沢山の鮮魚や魚貝を、見せ、捌き、デザイン(調理)し、提供する生け簀の銀次。上質な食材を破格の値段で堪能出来る食材エンターテイメントです。
ダイナミックに解放された空間には軽パーテーション化された箱型ブースの、活き動きある構成。加えて沖縄の海で穫れた巨大な魚の魚拓のをディスプレイし演出しました。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

デザイン担当

佐藤弘美

HIROMI SATO

デザイナー

佐藤弘美の写真

この作品の
イメージキーワード