1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. Bodycare たんぽぽ

株式会社リクド : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南青山4-20-1 [地図]
代表者 松浦弘樹
担当者 松浦弘樹
設立 2009年3月
業種・業態 企画・設計・監理・ブランディング・店舗デザイン・販促デザイン(グラフィック・ウェブ・イベント等)
デザイナー数 3人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
概要

店舗名 [Bodycare たんぽぽ]

東京都中央区新富1-3-10桑原ビル1F / 新富町 / 整体院 / 6.5 坪
松浦弘樹
Bodycare たんぽぽ Bodycare たんぽぽ Bodycare たんぽぽ Bodycare たんぽぽ Bodycare たんぽぽ Bodycare たんぽぽ Bodycare たんぽぽ Bodycare たんぽぽ Bodycare たんぽぽ

白いビルの外観に印象的なグリーンのオーニングと杉板のエントランスドア。窓にはかわいらしいイラストを配置しました。

既存の柱下部の根巻部分、中央に位置した分電盤を意匠として捉え、空間の中に木のボリュームが点在しているデザインとしました。

モスグリーンのカーテンが印象的なインテリア。既存クロスの上からカフェオレ色の塗装をしたり、安価な杉板を使用するなど、コストパフォーマンスを高めています。

外部からインテリアの様子が見える窓。窓辺には観葉植物を置いて、よりナチュラルさとかわいらしさを演出しています。

フローリングにはウォールナットに似た濃淡のある色合いを持ち、材質的にも重厚で高級感のあるアカシアを使用しています。

「たんぽぽ」を連想するカラーリングとしたシンプルでナチュラルなデザインです。エステのようなリラクゼーションサロンではなく、あくまで整体院と見えるデザイン、老若男女問わず、入りやすく居心地の良いデザイン、施術する女性のオーナー様お一人で営業されるので、何よりオーナー様ご自身にとって居心地がよく、お店をより愛してもらうデザインを心がけました。

窓の大きさをちょうどよいサイズとすることで、外部からインテリアの様子も覗き込めるが、インテリアのプライバシーもそれなりに保つことができ、施術時に必ずカーテンを閉めなくてもよいデザインとなっています。

夜間のファサード。オーニング下のダウンライトによる光がお店の温かみを増しています。

置き看板のグラフィック。白木の額縁に入れて使用しています。営業時間はイーゼルに置いて、外部に置いてもらっています。チラシ、ショップカード、ポイントカード等のグラフィックもトータルデザインしています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

新富町駅徒歩2分にあるオフィス仕様であった物件を新装した整体院です。
小さいけれど、路上でも力強く咲くタンポポのイメージ、
オーナー様が施術する整体のサービスをリンクさせたデザインとしました。ローコストプロジェクトであったため、既存クロスの上からカフェオレ色の塗装をしたり、安価な杉板を使用するなど、コストパフォーマンスを高めています。

外観・内観は店名の「たんぽぽ」を連想するカラーリングとしたシンプルでナチュラルなデザインです。既存ファサードは全て透明ガラス(自動ドア)でしたが、プライバシーの保たれた落ち着くインテリアを実現するため、全て新規で製作しました。外壁を黄ベージュ、庇テント布地をグリーン、扉を木板貼りとしたちょっとポップでかわいらしいファサードデザインです。窓の大きさをちょうどよいサイズとすることで、外部からインテリアの様子も覗き込めるが、インテリアのプライバシーもそれなりに保つことができ、施術時に必ずカーテンを閉めなくてもよいデザインとなっています。

エステのようなリラクゼーションサロンではなく、あくまで整体院と見えるデザイン、老若男女問わず、入りやすく居心地の良いデザイン、施術する女性のオーナー様お一人で営業されるので、何よりオーナー様ご自身にとって居心地がよく、お店をより愛してもらうデザインを心がけました。お客様は体を無防備に預ける訳ですから、オーナー様のひととなりが出るお店が、ふさわしいと思います。

インテリアは既存の柱下部の根巻部分、中央に位置した分電盤を意匠として捉え、空間の中に木のボリュームが点在しているデザインとしました。壁全面を木板貼りとするより、アクセント効果も高く、面積も少なくなるため、コストを抑えることが可能です。収納が全くないため、必要に応じてこの木のボリュームを収納庫として利用しています。事務スペースの目隠しにもなり、印象的かつ温かみのあるデザインとなっています。木のボリュームは特注色の杉板貼りとし、フローリングにはウォールナットに似た濃淡のある色合いを持ち、材質的にも重厚で高級感のあるアカシアを使用しています。カーテンは使用した木材とよく合うモスグリーンにしました。

デザイン担当

松浦弘樹

Hiroki Matsuura

デザイナー

松浦弘樹の写真

この作品の
イメージキーワード