1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. なんらく(東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [なんらく(東京)]

なんらく(東京)のHPへ

東京都港区 / 新橋 / 沖縄・九州料理 / 78 坪
兼城 祐作
なんらく(東京) なんらく(東京) なんらく(東京) なんらく(東京) なんらく(東京) なんらく(東京) なんらく(東京) なんらく(東京) なんらく(東京)

琉球の間。チャンプルー文化の沖縄を表現する為、琉球瓦、つた、シーサーなど沖縄の特色を満載に配した。

エントランス空間。オリジナルな琉球世界への入り口です。

お客様との対面を大事に接客できるカウンター席。

海人の家。沖縄に根付く熱帯地方の植物を配置し、オキナワンテイストを強調。

あしびな-の間。通路は”路地”のイメージを採用し、各デザインの異なる部屋は”集落”のイメージでフロアプランを構成しています。

沖縄といえばシーサー。琉球石灰岩によるパーティションや藁屋根によろ様々な素材を点在させています。

花笠庵。沖縄花笠を意匠照明として活用し、一つの部屋の空気感を生んでいます。

三線房。三線をディスプレイした、また一味違う沖縄の空気を含んだ空間を構築しています。

龍神の間。格天井に屏風、油色の箔をあしらった壁面など豪華かつ高揚感のあるスペースです。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

南の島“沖縄”の雰囲気をオリジナルにデザインした店舗です。9つの部屋を造り、街の中に異なるデザインテーマを持った部屋がある、というデザインストーリーです。空間に迷路のような印象を与えることでお客さんを楽しませ、様々な部屋を見せることでリピート率を上げる効果も兼ねています。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

この作品の
イメージキーワード