1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. TAP BORROW

株式会社VC : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都文京区水道1-5-3 Mハウス1階 [地図]
代表者 斧隆幸
担当者 矢島晃生
設立 1995年3月7日
業種・業態 店舗設計/デザイン/家具・什器製作
坪単価 100万円-200万円
厨房機器は除く
スタッフ数 5人

社内風景

東京事務所です!

概要

店舗名 [TAP BORROW]

( )

TAP BORROWのHPへ

東京都渋谷区 / 渋谷駅 / アイリッシュパブ / 18 坪
斧 隆幸
TAP BORROW アイリッシュパブの内装・外装画像 TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW

渋谷という外国人が多い町なので、オーソドックスな一目でパブとわかるファサードを心がけました。

1階ハンバーグ店(同オーナー)は和風で、看板が2階まで続いているため、いかに溶け込まないか、浮き出てくるか、という点を注意しています。

カウンター廻りのパースです。
動かせない柱などがありましたが、うまくデザインに取り込めています。
(中央のパブミラー背面など)

英国では一般的な高さ1100mmのカウンター。
こうするとスツールに腰かけた人と、立っている人の目線がほぼ同じ高さになります。

2階店舗なので、階段もお店に入る前の誘導(特に気分的な)として有効に使います。
(階段下にはタップが立っていて、ビールを提供できます)

本物のアンティーク家具と自社製リプロ家具をうまく混ぜて、本物らしいパブの空間を作ります。

オリジナルパブミラーも製作します。
(厳密にはカッティングシートを使ったミラーです)

弊社では、家具・什器はもちろん、装飾品までオリジナルで製作します。

トイレや入口回りなど、そのまま使用するところも、周りと同じ雰囲気を出せるような加工や装飾を行います。

カウンター廻りの装飾や色合い、足掛け高さなど、本物の英国パブをベースにしてるからこそできる仕上げです。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

人気店「俺のハンバーグ山本」オーナー様が手掛けるアイリッシュパブ。
パブ激戦区の渋谷にあっても、変わらない人気を誇っています。

デザイン担当

斧 隆幸

Ono Takayuki

デザイナー

斧 隆幸の写真

この作品の
イメージキーワード