1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. TAP BORROW

株式会社VC : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都文京区水道1-5-3 Mハウス1階 [地図]
代表者 斧隆幸
担当者 矢島晃生
業種・業態 アイリッシュパブのプロデュース・デザイン・設計〜施工(協力業者)。 什器・家具の輸入・製作。
坪単価 100万円-200万円
厨房機器は除く
デザイナー数 3人

過去作品

---アイリッシュパブ---
HOSANNA 兵庫県姫路市
THE COOPER'S 愛知県名古屋市
Man in the Moon 京都府京都市
Man in the Moon烏丸店 京都府京都市
Man in the Moon祇園店 京都府京都市
TAP BORROW 東京都渋谷区
Abbot's Choice渋谷店 東京都渋谷区
Shamrock by Abbot`s Choice 東京都港区
Abbot's Choice池袋東口店 東京都豊島区
Abbot's Choice町田店 東京都町田市
OLD ROCK 長野県松本市
The Royal Scotsman 東京都新宿区
Beer & Bar THE GRUB 東京都杉並区
The World End 東京都台東区
Public House GANG 東京都港区
Gen's 静岡県菊川市
Sam's 山口県萩市
The 2nd Vine 大阪府堺市
The Rockin' Hearts 京都府宇治市
RED LION 群馬県高崎市
The RED DRAGON 長野県長野市

概要

店舗名 [TAP BORROW]

TAP BORROWのHPへ

東京都渋谷区 / 渋谷駅 / アイリッシュパブ / 18 坪
斧 隆幸
TAP BORROW アイリッシュパブの内装・外装画像 TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW TAP BORROW

渋谷という外国人が多い町なので、オーソドックスな一目でパブとわかるファサードを心がけました。

1階ハンバーグ店(同オーナー)は和風で、看板が2階まで続いているため、いかに溶け込まないか、浮き出てくるか、という点を注意しています。

カウンター廻りのパースです。
動かせない柱などがありましたが、うまくデザインに取り込めています。
(中央のパブミラー背面など)

英国では一般的な高さ1100mmのカウンター。
こうするとスツールに腰かけた人と、立っている人の目線がほぼ同じ高さになります。

2階店舗なので、階段もお店に入る前の誘導(特に気分的な)として有効に使います。
(階段下にはタップが立っていて、ビールを提供できます)

本物のアンティーク家具と自社製リプロ家具をうまく混ぜて、本物らしいパブの空間を作ります。

オリジナルパブミラーも製作します。
(厳密にはカッティングシートを使ったミラーです)

弊社では、家具・什器はもちろん、装飾品までオリジナルで製作します。

トイレや入口回りなど、そのまま使用するところも、周りと同じ雰囲気を出せるような加工や装飾を行います。

カウンター廻りの装飾や色合い、足掛け高さなど、本物の英国パブをベースにしてるからこそできる仕上げです。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

人気店「俺のハンバーグ山本」オーナー様が手掛けるアイリッシュパブ。
パブ激戦区の渋谷にあっても、変わらない人気を誇っています。

デザイン担当

斧 隆幸

Ono Takayuki

デザイナー

斧 隆幸の写真

この作品の
イメージキーワード