1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 懐石料理 はし本

有限会社エヌディーワークス : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 千葉県浦安市美浜1-1-107 [地図]
代表者 永沼 大
担当者 永沼 大
設立 1995年5月
業種・業態 デザイン・設計・施工
スタッフ数 2人

過去作品

日本橋伊勢定 本店(鰻・日本料理)
他千葉そごう店・東京大丸店等

麻布茶房 (関東圏内・甘味喫茶)
系列店10店舗以上

台湾 麻布茶房 (甘味喫茶)
系列店5店舗以上

台湾 代官山ダイニング(創作和食)

JAYCO(バー&ダイニング)

F.Sラーラ (イタリアン)
系列店5店舗以上

VEGE CAFE(カフェ)

たきざわ茶寮(上大岡・甘味喫茶)

やき鳥 鳥繁(やき鳥)
系列店2店舗以上

おかじゅう(自由が丘・焼鍋)

新助(和食居酒屋)
系列店5店舗以上

一兆 (新浦安・和食居酒屋)

ベジダイニング (自然食居酒屋)
系列店舗5店舗以上

鉄板焼野菜やさいや (鉄板焼き)
系列店4店舗以上

M`s(西麻布・BAR) 
                  etc...
概要

店舗名 [懐石料理 はし本]

東京都中央区日本橋 / 三越前 / 懐石料理 / 16 坪
永沼 大
懐石料理 はし本 懐石料理の内装・外装画像 懐石料理 はし本 懐石料理 はし本 懐石料理 はし本 懐石料理 はし本 懐石料理 はし本 懐石料理 はし本 懐石料理 はし本 懐石料理 はし本

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

「こんなところにお店が…」
オフィスビルが立ち並ぶ日本橋の路地を一歩入ると、
足元行灯の柔らかい光が目印。行灯に導かれ辿り着いた
先には、和を正統に体現した佇まいにぱりっとした
白いのれん。引き戸に手をかけて、ふと横をみると
竹や楓の植栽に花びらがふわりと浮いた水鉢のある
坪庭が目に飛び込む。水鉢に反射した光を追うと、
半分あいた雪見障子から、一文字の白木のカウンター
越しに談笑する店主と客が垣間見える。
緊張した気持ちがだんだんほぐれていく…。
引き戸にかけた手に力を入れた。「いらっしゃい」

そこが「懐石料理 はし本」です。

こちらのお店の立地条件は「駅から遠い」「踏みこみが長い」
一見、経営者が出店に悩む条件に見えますが、その2つの条件が
1年間物件を探し続けたオーナー様が「ここしかない!」と
即断した理由でした。というのもオーナー様の料理への揺るが
ない姿勢と自信があるため、後は呼び込む顔を作ってほしい。
そこからが私達の仕事になりました。懐石料理特有の敷居の高さ
をさげすぎず、雪見障子からみえる店内の様子で緊張感をほぐす
ような店構えを心掛けました。また、逆にその雪見障子は、
店内から借景のように植栽を切り取ることによって、シンプルな
白木の空間にアクセントをもたらしています。

また個室の間仕切りにはステンレスのスダレを用いて、息苦しく
ならず、見えすぎずの透け感を演出しました。

これから様々なシーンで利用されるお店になるのではと思います。

デザイン担当

永沼 大

FUTORU NAGANUMA

デザイナー

この作品の
イメージキーワード