1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur

コムデザインラボ : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 愛知県名古屋市中区新栄2-9-8 TOMITAビル2F [地図]
代表者 高木 純
担当者 高木 純
設立 2010年10月1日
業種・業態 店舗のトータルブランディング+設計デザイン
坪単価 3万円-10万円
プレゼン・基本実施設計・設計管理・オープン前のホームページ無料作成
スタッフ数 5人
建築 建築設計可能

社内風景

人工芝を壁に貼ったり、実験的にDIYを繰り返しています!

その他の写真

"合わせ技一本!"のデザイン事務所

過去作品

make my day
(焼き物セレクトショップ/2013)
BC PROJECT
(トレーニングスタジオ/2013)
Leap Taste
(美容室/2013)
カワハラ柔道接骨院
(接骨院/2013)
simple tree
(理容室/2013)
R
(カット専門店/2013)
HAIR DESIGN Ku
(美容室/2013)
ベトナミーズダイナー
ビンヤン☆9
(ベトナム料理店/2013)
chiffon 豊田店
(エステサロン/2013)
chiffon 岡崎店
(エステサロン/2013)
F☆☆☆☆ HOUSE
(住宅リノベーション/2013)
ひよこCAFE
(カフェ/2013)
BROS HAIR
(美容室/2012)
redclover Hair/Face
(美容院/2012)
cadeau de rincotte
(パティスリー/2012)
パティスリーしあわせのえき
(パティスリー/2012)
BC PROJECT池下スタジオ
(トレーニングスタジオ/2011)
Total Produce Salon HAMAYU
(理容室/2010)
概要

店舗名 [パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur]

パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du BonheurのHPへ

愛知県安城市 / 名鉄 桜井駅 / 洋菓子店・ケーキ屋・パティスリー / 28.75 坪
高木 純
パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur 洋菓子店・ケーキ屋・パティスリーの内装・外装画像 パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur パティスリーしあわせのえき Patisserie La Gare du Bonheur

ガトーショコラをイメージした黒いハコ

建物を一周する線路が印象的な、駅のようなケーキ店

フランスのメトロをイメージしたトンネル風のアーチ

愛犬家の集まる施設内なので、ドッグポールもオリジナルで

プレミアムパネルで仕上げられた壁面と、そこを走る電車はなんだか銀河鉄道999っぽい?!

店内には海外から輸入した大きめの鉄道模型、Gゲージが走ります!

夜のライティングでは、キチラー社のブラケット照明が駅のような雰囲気を演出

夜の入り口より メトロタイルのアーチと、連続して見える演出のペンダントライト

西面の大きな窓からは、ショーケースが光り輝いてみえます

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

『フランスで出会った、ひとつのマグカップから始まったお店づくり 』

『お店は幸せへ向かう切符を売る駅、ケーキ=切符』というコンセプトの洋菓子店。このコンセプトは、日本を離れ、フランス修行中にふと、幼少の電車が好きだった頃を思い出したのがきっかけになっています。何気なく乗っていたフランスのメトロからお店のコンセプトが誕生し、日本に帰国する時に限られた荷物しか持ち帰られない中、唯一バッグに忍ばせたのが、メトロのマークが入ったマグカップだと聞きました。
パティスリーしあわせのえきは、そんなフランスのメトロをイメージした店内で、実際に鉄道模型が走ったり、随所に電車をイメージしたデザインが遊び心いっぱいに散りばめられたお店です。

協力 プレゼンイラスト/しのはずり ライティングプランナー/大嶽陽子 フォトグラファー/神谷篤史 

デザイン担当

高木 純

JUN TAKAGI

アートディレクター・デザイナー

高木 純の写真

この作品の
イメージキーワード