1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 蔵屋

株式会社 アイシード : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 広島県広島市南区段原3-3-11 [地図]
代表者 木下 幸雄
担当者 上村 敏幸
設立 2004年5月19日
業種・業態 店舗デザイン・設計・施工
デザイナー数 7人
建築 建築設計可能
資格・許認可 2012 GOOD DESIGN AWARD NOMINATE
2012 JCD DESIGN AWARD
2013 DSA DESIGN AWARD
2015 JCD CHUGOKU DESIGN AWARDS 優秀賞
2016 JCD CHUGOKU DESIGN AWARDS 準グランプリ

社内風景

事務所入口

過去作品

Tack(ラウンジ)
gram 広島(飲食店)
蕎麦屋 香月(飲食店)
Maunaloa MMJ(物販)
Suzuki Kazuhiro Dance School(ダンススクール)
Premium Lounge Tack(ラウンジ)
武信公認会計士・税理士事務所(オフィス)
心美一体~StyleKichen~(キッチンスタジオ)
BLINK LASH 広島(スクール、物販)
つかさランドリーサンリブ可部店(クリーニング店)
TapiocaTime(飲食店)
食料品が安く買えるお店(物販)
Ursus hair Design(美容室)
炭火串焼 とりみや(飲食店)
Genuine Beauty (アイラッシュサロン)
炭火串焼 鶏咲(飲食店)
微笑(エステサロン)
metoo PARTNER(脱毛専門店)
KAYANUMA Junko Shop(物販)
3TREE(飲食店)
SANTIAGO GUESTHOUSE HIROSHIMA(ゲストハウス)
JIN HAIR(美容室)
面白き 事も無き世を 面白く(飲食店)
LITTLE STANDARD(バー)
STAGEONE井口店(バイクショップ)
hanabi inokuchi (アイラッシュサロン)
hair&zakka haconiwa (美容室)
戦国酒屋 元就 西条の陣(飲食店)
あおぞら歯科室(歯科医院)
蔵屋 小町店(お好み焼・鉄板焼)
Biplus Beauty 松山(加圧スタジオ)
pub&bar 9(バー)
cut salon taka(理容室)
Palais Flora(フラワーショップ)
cocoplus(脱毛エステ)
3S photo studio(カメラ屋)
to SHINE(美容室)
Bee Blue(理容室)
hanabi MAMIKI(マツゲエクステ)
bi plus(加圧スタジオ)
アイスタイル(賃貸不動産)
sazan cafe style(カフェ)
araliya(カフェ&レストラン)
蔵屋 大手町本店(お好み焼・鉄板焼)
仲家(炭火鶏串料理)
Les Lien(美容室)
hanabi 八丁堀(マツゲエクステ)
coco style(美容室)
maraco(夜cafe&bar)
Chick(ラウンジ・クラブ)
and.8(美容室)
焼肉屋 福ちゃん(焼肉店)
LORINZA(買取専門店)
FAb(美容室)
Lismore(美容室)
foreign kazu(レディース服飾)
CLATHAS(レディース服飾)
ADORN(エステサロン)
allado(アクセサリー物販)
calmia(エステサロン)
天ぷら天晶(飲食店)
FOG(美容室)
deuxC(雑貨・ウエアー物販)
yoin(美容室)
office Haru(保険コンサルティング)
Tack(ラウンジ・クラブ)
ELM CLINIC(美容皮膚科)
久束(飲食店)
三六(飲食店)
STAGE ONE(バイクショップ)
CHIROL(飲食店)
3×3cafe(カフェ)
酒香(飲食店)
剣や(飲食店)











概要

店舗名 [蔵屋]

蔵屋のHPへ

広島県広島市中区大手町3-8-4 / 広島電鉄 市役所前 / お好み焼・鉄板焼き / 30 坪
木下 幸雄
蔵屋 蔵屋 蔵屋 蔵屋 蔵屋 蔵屋 蔵屋 蔵屋 蔵屋

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

広島市内の中心地から少し外れたオフィス街である大手町に位置する蔵屋。蔵屋はその周辺に集まる大手会社のオフィスワーカーやホテルの宿泊客、観光客をターゲットとし、こだわりのある高級路線のお好み焼き・鉄板焼き店としてブランディングを進めた。まずは通りを歩く誰もが一目でそこに新しいものができたと認知するインパクトが必要だった。そこで、オフィスビルの立ち並ぶ無機質な通りの中、重厚な和のファサードをその中に落とし込んだ。広島にとって馴染みの深い酒蔵をモチーフとしたファサードは瓦・漆喰・玄武岩など、本物の酒蔵で使われているものを使い素材感にこだわった仕上げにした。
店内は細長い既存躯体の形状をあえて強調し、入り口から奥まで一直線の通路が貫く奥行きのある空間にした。店内に入ると4mの一枚鉄板のカウンター席が通路と平行に構えられ、そこから奥へと鎧張りの板壁、個室スペースへと続く。そして廊下の突き当たりには朱の塗り壁が印象的な坪庭と、お客様が奥へと自然に引き込まれていくようなシークエンスにした。また奥の個室の仕切りは可変が自由自在にでき、大人数の団体客にも人数に合わせて臨機応変に対応できるようになっている。
お好み焼き・牡蠣・地酒…広島のおいしいものを堪能でき、地元の人にとっても何度来ても飽きない味と何度も訪れたくなる場とすることで、目の前を走る路面電車と共にこの店が広島の風景の新たな一部になればと思っている。

デザイン担当

木下 幸雄

Kishita Sachio

デザイナー

木下 幸雄の写真

この作品の
イメージキーワード