1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. studio ZIPS

株式会社VC : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都文京区水道1-5-3 Mハウス1階 [地図]
代表者 斧隆幸
担当者 矢島晃生
設立 1995年3月7日
業種・業態 アイリッシュパブのプロデュース・デザイン・設計〜施工・什器・家具の輸入・製作。
坪単価 100万円-200万円
厨房機器は除く
デザイナー数 4人

社内風景

過去作品

【PUB&SHOP DESIGN】

2004/11
■OLD ROCK @長野県松本市
33.0坪/60席

2006/6
■THE COOPER'S @愛知県名古屋市
11.0坪/35席

2006/10
■HOSANNA 駅北店 @兵庫県姫路市
42.0坪/70席

2008/10
■MAN IN THE MOON 京都店 @京都府京都
14.0坪/36席

2011/9
■Abbot's Choice 渋谷 @東京都渋谷区
13.38坪/34席

2011/12
■The Royal Scotsman @東京都新宿区
18.0坪/24席

2012/4
■The World End @東京都台東区
13.4坪/32席

2012/6
■Shamrock by Abbot's Choice @東京都渋谷区
33.0坪/70席

2012/9
■GANG @東京都港区
12.0坪/26席

2013/3
■MAN IN THE MOON 祇園店 @京都府京都市
12.0坪/35席

2013/10
■The ROCKIN'HEARTS @京都市宇治市
11.7坪/37席

2014/1
■Abbot's Choice @東京都豊島区
30坪/70席

2014/3
■THE RED DRAGON @長野県長野市
20.0坪/37席

2014/4
■Abbot's Choice 町田店 @東京都町田市
23.9坪/52席

2014/9
■An SOLAS @東京都渋谷区
20.2坪/40席

2014/12
■No.2 LONGING HOUSE @東京都港区
24.7坪/46席

2015/3
■MAN IN THE MOON 六角店 @京都府京都市
34.8坪/62席

2015/4
■HOSANNA 駅南店 @兵庫県姫路市
85.0坪/87席

2015/11
■THE OLD ROCK @東京都千代田区
23.7坪/51席

2015/11
■DENKICHI 1952 @静岡県焼津市
29.6坪/60席

2016/2
■MAN IN THE MOON @東京都港区
19.1坪/40席

2016/4
■EPILOGUE @東京都渋谷区
25.9坪/55席

2016/4
■Karuizawa Hotel LONGING HOUSE @長野県北佐久郡
82.2坪

2016/8
■No'3 LONGINGHOUSE @東京都渋谷区

概要

店舗名 [studio ZIPS]

(スタジオジップス)

studio ZIPSのHPへ

山梨県韮崎市本町3-8-10 / JR韮崎駅 / 写真館 / 20 坪
斧 隆幸
studio ZIPS 写真館の内装・外装画像 studio ZIPS studio ZIPS studio ZIPS studio ZIPS studio ZIPS studio ZIPS studio ZIPS studio ZIPS

クリームよりの白を使うことが多いのですが、住宅部分の壁面色や周囲の家の色が黄色っぽかったので、純白色のファサードにしました。

【施工前】
特に色が周辺に溶け込んでいて、看板がないと発見されづらい店構えでした。

構造上崩せない箇所が多いのと、コストダウンのため、既存の形を大きくは変えずに印象だけ変わるデザインを心がけました。

日差しが強く、昼間はうまく遮らないと室内のほうが暗く見えてしまうほどです。
アンティークのドアを使用して、室内からステンドグラスが楽しめます。
アルバム造りなどのワークショップを頻繁に開催されるので、この棚什器を間仕切りにし、裏側にダイニングテーブル&チェアを配置して、作業場所としています。

商品量がかなり多いため、たっぷりディスプレイできる什器を製作しました。

「いろいろなシチュエーションで自然な表情の写真を撮りたい」というご希望の結果が、このスタジオです。
撮影ポイントになるような仕掛けを何箇所も作っています。(ダミーの格子窓やステップもそうです)

あまり木の色が出ると、顔色とかぶってしまうので、かなり白い室内になりました。
撮影に来る子供たちの間で、この出窓が一番人気のようです。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

造りこんだ部屋で自然に振舞う表情を撮る。
正直申しますと、希望された雰囲気の室内を造ることは出来るのですが、撮影に必要な光量だとか、機材については全く解からず、オーナーとあーでもないこーでもないと繰り返しました。
完成したお店を見たときよりも、そこで実際に撮影した写真を(今は記念写真も台紙に入れるだけではなく、写真集のように製本したりするようですね)見せていただいたときに、本当に感動しました。
みなさん本当に素敵な表情をされています。

デザイン担当

斧 隆幸

Ono Takayuki

デザイナー

斧 隆幸の写真

この作品の
イメージキーワード