1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. Business Leather Factory 福岡天神店

ands design studio : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 福岡県福岡市中央区桜坂3-12-81桜坂山ノ手荘#200 [地図]
代表者 江上功
担当者 江上功
設立 2011年8月1日
業種・業態 インテリアデザイン、店舗設計、ディスプレイVMD、空間グラフィックデザイン
デザイナー数 1人

社内風景

親子扉を開けたら、射し込むひかりと柔かな素材による心地よい空気が感じられます。

概要

店舗名 [Business Leather Factory 福岡天神店]

(ビジネスレザーファクトリーフクオカテンジンテン)

Business Leather Factory 福岡天神店のHPへ

福岡県福岡市中央区天神2丁目地下1号天神地下街西9番街72 / 西鉄天神駅 / 本革製品のフラッグシップショップ / 13.5 坪
江上功
Business Leather Factory 福岡天神店 Business Leather Factory 福岡天神店 Business Leather Factory 福岡天神店 Business Leather Factory 福岡天神店 Business Leather Factory 福岡天神店 Business Leather Factory 福岡天神店 Business Leather Factory 福岡天神店 Business Leather Factory 福岡天神店 Business Leather Factory 福岡天神店

お客さまの身体スケールを軸にデザインを構成。
幾つかの「面」がつながることで一つの空間へ。
そして、「面」はお店の状況・環境要因・マーケティング指針・気分・時間帯などによって、デコレーションが変化していき、空間の表面のマテリアルとして立ち現れ、
それはお店の購買や認知に対して機能していくだけでなく、お客さまの気分や情感に訴えかける機能として、落ち着いた色めきへのある空気感へ。

通りに対して、空間自体がウィンドウディスプレイになることで、日頃この通りを利用する方々の記憶にのこるように。
そして、通り自体が育まれるように。

お店が通りに顔を出すような、通りもお店の中へと取り込むような。

お披露目により、ブランドが育つための一端を作り出す。

通りに対して間口を広く、OPEN に。
且つ、奥に引込まれるかのように。

面の構成による回遊導線。
そこにオペレーションの効率性と、業態の独自性(ファクトリー機能:名入れサービス)を連動させた。

そして、平面ゾーニングと高さ関係のゾーニングにより、立体的な空間を生み出す。

それにより、機能的な構成でありながらも、豊かさと目通りの気持ち良さを作り出す。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

福岡市天神、天神地下街。
「Business Leather Factory」というビジネスシーンに特化した革製品ブランドの常設1号店。
始めはインターネットでの通信販売がメインだったブランド。
そして私がご提案とプランニングとデザインさせていただいた、全国各地での期間限定の店舗展開や催事展開(空間デザインのひとつの在り方としてご提案)を行いながらも、常設店舗を構えるに運びに至りました。
その流れの中で、ブランドを実空間としてあらゆる局面からお客さまの手にとっていただけるよう意識して空間のデザインをさせていただきました。

●いくつかの面によって、人と空間と通りをつなぐ●
  
空間は、様々な距離からのお客さまの目線や手に取ることができる範囲などの、身体寸法を軸にした幾つか「面」によって構成。
そして「面」を軸に、回遊できる導線を計画。

その「面」がお店の方の考え方や方向性、季節や天候やイベント時等その時々の状況、お店の人のちょっとした気分や、マーケティングの方向性等々、考えや動きが立ち現れながら、まるで『各面のテクスチャーとして纏う』かのように。

そしてその『テクスチャーを纏った面々』は、直にお客さまに接するお店の方々の手により移ろいながら、
通りに対する空間的なファサードとなり、閉店時にはウィンドウディスプレイとなり、
通勤通学で朝昼晩この通り(天神地下街)を利用される方々に、ちょっとした変化や色づきを通した楽しみを感じていただくように考えています。

天神地下街自体の佇まいのコンテクストや制約を汲み取りながら、
クライアントの方向性や展開性を咀嚼しながら、
ベースと展開性の布石を構築し、
ブランドが、いくつかの局面を通してお客さまとFace to Face で向き合っていただきたいと想いながら、デザインや設計に臨みました。

そしてブランドの様々な面を都度お披露目しながら、思考や手を積み重ねることで、ブランド自身を育む一手になるよう、
ひいてはこのブランドの背景にある「バングラデシュの社会問題をビジネスを通して解決していきたい」という理念を実現する一端になるよう、思案致しました。

デザイン担当

江上功

ISAO EGAMI

インテリアデザイナー、プランナー

江上功の写真