1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. CAVALIER Bistro & Bakery

UNION TEC [ユニオンテック株式会社] : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー40F [地図]
代表者 大川 祐介
担当者 小林 佐理
設立 2000年6月1日
業種・業態 店舗・オフィス設計施工、グラフィック・WEBデザイン等
坪単価 15万円-80万円
設計デザイン費・内装工事費・設備工事費
デザイナー数 13(社員数110)人
建築 建築設計可能
資格・許認可 建築工事許可(特-24)第129649号
建築士事務所登録 東京都知事登録 第14591号

社内風景

チームワークは、我々の根幹の一つです!

その他の写真

設計デザイナーや制作管理をはじめ、スタッフ間の対話は欠かせません!

過去作品

[飲食]
 ┣和食ダイニング
 ┣料亭・割烹
 ┣寿司店
 ┣フレンチレストラン
 ┣イタリアンレストラン
 ┣鉄板ダイニング
 ┣スペインバル
 ┣ビアパブ・ビアホール
 ┣中華料理店
 ┣ラーメン店
 ┣居酒屋
 ┣カフェ

[美容]
 ┣ヘアサロン
 ┣エステサロン
 ┣まつエクサロン
 ┣ネイルサロン
 ┣ホットヨガスタジオ
 ┣美容整形

[物販]
 ┣雑貨・インテリアショップ
 ┣本屋
 ┣眼鏡ショップ
 ┣時計・ジュエリー店
 ┣アパレル・ファッション
 ┣ファッション雑貨店

[クリニック]
 ┣歯科クリニック
 ┣小児科
 ┣鍼灸・整体院
 ┣皮膚科
概要

店舗名 [CAVALIER Bistro & Bakery]

(キャバリエ ビストロ アンド ベーカリー)

CAVALIER Bistro & BakeryのHPへ

東京都世田谷区玉川3-9-3STREAMビルB1F / 二子玉川駅 / 洋食全般 バール・バー
伊藤 惟之 奥間 大介
CAVALIER Bistro & Bakery CAVALIER Bistro & Bakery CAVALIER Bistro & Bakery CAVALIER Bistro & Bakery CAVALIER Bistro & Bakery CAVALIER Bistro & Bakery CAVALIER Bistro & Bakery CAVALIER Bistro & Bakery CAVALIER Bistro & Bakery

エントランスはシンプルでありながらも重厚感のあるデザイン。サンフランシスコの町並みを表現しました。

壁面にはモールディングを施しあえて黒一色で仕上げる事で重厚感を出している。対比として床には明るめのフローリングを選定し調和させました。

オープン厨房のため魅せれる厨房を意識した。清潔感とシャープさを意識しながらシェフの作業動線にも気を配ったレイアウトにしています。

オープン厨房のため魅せれる厨房を意識した。清潔感とシャープさを意識しながらシェフの作業動線にも気を配ったレイアウトにしています。

ダイニングスペースはソファー席、テーブル席、ブース席と様々な客層やシチュエーションに対応できるレイアウトにしました。

バースペースとは少し印象を変えたダイニングスペースは開放感と明るさを意識した空間に仕上げています。

BARエリアとDiningエリアが分かれているがその中間にあるサービスカウンターは2つの空間を繋ぐ重要な役割を果たす。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

「San Franciscoの町並みに溶け込んだようなお店を作りたい」というご依頼をお客様より頂き今回のcavalierは誕生しました。
場所は二子玉川駅周辺の好立地でありながらも本物件は地下のテナントとなります。一般的には店舗としては1階路面店が好ましい中、今回は隠れ家的な特別感を強みにデザインコンセプトをお客様と共に創造していきました。

Simple&Coolでありヴィンテージを感じる素材や家具、装飾品を選定し細部までこだわり抜くことでラフの中にも上品さを感じる空間であることで、年月を感じさせながらもどこかモダンな空間であることがcavalierの強みとなります。
また様々な客層や用途にマッチしたレイアウトをご提案した事で飲食店舗としてのスタイルの幅を広げ、メインの厨房とは別に本格的なパン製造スペースを設け、こだわりのパンを店内で楽しむ事ができ、さらにパンの店頭販売も視野に入れたスペースを設ける事で新たな営業スタイルも取り込んでいる。
様々な視点から飲食店舗の在り方を考え、再認識し、デザイン設計できた案件となりました。

デザイン担当

伊藤 惟之

Ito Tadayuki

設計・デザイン

伊藤 惟之の写真

デザイン担当

奥間 大介

DAISUKE OKUMA

設計デザイン

奥間 大介の写真

この作品の
イメージキーワード