1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 天万

有限会社エムアンドアソシエイツ : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都新宿四谷4-10-ユニヴェールビル101号室 [地図]
代表者 ちばまさゆき
担当者 高村
設立 1991年10月
業種・業態 店舗デザイン・設計・企画・S.I.S(ショップアイデンティティシステム)
デザイナー数 2人

社内風景

会社風景

その他の写真

過去作品

■著書■
これからフードビジネスが求める
成功を導くためのデザインとは?
「飲食店設計マニュアル」
ハンバーガー店の設計マニュアル
株式会社六耀社発行

飲食店経営のための
「これからの厨房づくり」
社団法人日本食品衛生協会発行

■店舗■
都道府県地域|業態|店名
東京渋谷|大型テーマ居酒屋|
町家和食京町恋しぐれ
東京六本木|寿司屋|
鮨家きらく
神奈川海老名|居酒屋|
サザンファンの店居酒屋つなみ
東京六本木|外国人バー|
モータウンハウス2
和歌山和歌山|レストラン|
サンクシェール
埼玉南浦和|ベーカリー|
ブーランジェリーKヨコヤマ
茨城中郷|食品スーパー|
サンユーストアー
新潟|中山|食品スーパー|
カワマツ
和歌山和歌山|複合商業施設|
モンティグレ
ダイワロイネットホテル和歌山
神奈川桜木町|ライダルサロン|
メルヴェーユ
韓国ソウル|ケーキベーカリー|
ボンヌヴェル
神奈川三崎|まぐろ専門店|
魚音のまぐろ
東京府中|認可保育園|
キッズランド府中保育園
概要

店舗名 [天万]

(テンマン)

海外北京 / 北京 / 和風レストラン / 70 坪
ちばまさゆき
天万 和風レストランの内装・外装画像 天万 天万 天万 天万 天万 天万 天万 天万

天空席!

店舗ファサード 京都祇園料亭一力をイメージ、紅殻塗色付壁、出格子など優美です。そして、万天の重量感ある看板!

入口より四条大橋、正面には清水寺が…左の壁には煌びやかな着物がディスプレイ!

ろうじ店舗通り露地沿いに軒を並べる、呉服屋、酒屋、飲食店!

左に伏見の蔵元 右に恋しぐれ神社を見る

先斗町通り、朱色の千本格子が艶っぽい!

VIP席正面にはダミー襖、浮世絵が色っぽい!

VIP席の天井は、折上格天そして欄間格子、右上にはシャンデリア、豪華絢爛でしょう

先斗町通りのBOX席 朱色の塗り壁に千代紙アートが美しい!

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

不安が一杯で北京空港におり到着ロビーに向かうと東京に来た人とは違う人が通訳の方と迎えに来ていました。車で向かったのは、北京中心地より郊外の街でした、小さなショッピングモールの4階の飲食店ゾーンに空店舗があり、そこに出店するらしい…出店場所を確認してからすぐ向かいにあるシティーホテルに案内され、 社長が夜遅くに出張から帰るのでホテルの部屋で少し休んで下さいとの事、パスポートを渡しチェックインしてもらい、部屋に到着し、なんと!なんと!大きなスイートルームではないか!なんで、こんな大きな部屋に一人で寝るなんて(笑)夕食はホテルのレストランで副社長初め6人ぐらいで食事をいただき、食事の途中に社長が来るとの事、慌ててレストランを後にする、なんてこった! ないやらホテルの宴会場にテーブルをセッティングして、デザイン契約の話をするらしい…宴会場に着くと、社員が20名ほどテーブルを並べたり、パソコンを持って来たり、コピー機を持って来たりと慌ただしく動き回っている、すべてもちろん皆中国人、日本人は私1人、えっ……そんな、こんなで社長が到着20数名対1人でデザイン契約の話をし、事前に作って来た国際店舗デザイン契約書の チェックや日本語と中国語、両方の契約などを作って、明日契約する運びとなりました。時計を見るとなんと午後1:00こらや!こらや!スイートルームで寝ますか……デザインポイント:店舗全体を京都にみたて、コンセプトは「よみがえる京の町家」店舗の中心に四条大橋をそして、そこに、いろいろな通り(通路)を作り個室をちりばめる平面レイアウトとした。 入口入って四条大橋を右にろうじ店舗通り・町家通り・西陣界隈、左に蔵通り・先斗町通りなど、各個室は、呉服屋、酒屋、蔵元・お菓子屋など、そして奥にVIP席(祇園料亭)を設置した。ただ単に京都を作るのではなく、歴史と文化を継承しながら新しい、試みや、あそびごころとモダンさも取り入れながら、デザインを試みた、ちょっと高さのある個室天空席や瓦の坪庭、甘酸っぱい恋心を刺激するように、 恋しぐれ神社も作り、全部造作で作るのではなく、古建具、古欄間など日本からのディスプレイ小物を用い、空間に臨場感を上げるように心掛けた、日本でちょっと無い、和風レストランの店舗デザインワンポイントである.人口15億人と言われる中国でここ北京から、日本の文化が中国全土に発信されることを祈りつつ……

デザイン担当

ちばまさゆき

chiba masayuki

デザイナー

ちばまさゆきの写真

この作品の
イメージキーワード