1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. バオバブの木

株式会社間宮晨一千デザインスタジオ : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 愛知県日進市赤池2-808 [地図]
代表者 間宮 晨一千
担当者 高尾 みちる
設立 2006年11月28日
業種・業態 デザイン・設計
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所 愛知県知事(い-22)第12157号
一般建設業 愛知県知事許可(般-22)第105809号
宅地建物取引業者免許 愛知県知事(1)第22050号

社内風景

自社設計のオフィス。木造で内部に耐力壁を持たない大空間が自慢です。

過去作品

・食堂
・カフェ
・オフィス
・ギャラリー
・美容院
・保育施設
・クリニック
・デイサービス
・古民家、住宅の車庫のリノベーション
・外装改修計画
他、個人住宅、寺院、医療施設、パルコの期間限定ショップなど。
新築から改修まで対応しています。

銀座、京橋、六本木、川越、名古屋での設計実績あり。
概要

店舗名 [バオバブの木]

(バオバブノキ)

バオバブの木のHPへ

愛知県名古屋市北区柳原1丁目26−2ワタベビル / 名古屋市営地下鉄「名城公園」 / コミュニティカフェ / 12 坪
間宮 晨一千 高尾 みちる
バオバブの木 バオバブの木 バオバブの木 バオバブの木 バオバブの木 バオバブの木 バオバブの木 バオバブの木 バオバブの木

店舗内観1

店舗外観

店舗内観2

店舗内観3

透視図

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

名古屋市北区の柳原通商店街におけるコミュニティカフェの計画。
デザインスタジオが2012年の冬祭り「咲きほこれ!柳原通商店街」の
企画・デザインから関わりのあるこの場所で、
コミュニティを育む空間をつくることとなった。

広さ約12坪間口4mの敷地に、どのように人々が心地よく集い、
商店街への賑わいの表出を生み出せるか幾つかのキーワードが導かれる。
「マーケット(商店街)」、「集い(祝祭)」、「入口(地域への架け橋)」、
これらのイメージのメタファーとしてアーチの壁を用いる空間のアイデアが検討される。

5枚のアーチの壁を連続的に展開することで、
エントランス方向からは華やかさと視認性の良さ、奥行きをつくり出している。
そしてアーチの両袖壁の幅を変えていることで、
客席スペースの視線方向からはゆるやかに領域を区切り、寛げる空間となっている。
また可動式の家具を用いアーチ中央部にテーブルを集めることで、
この場がマチの集会所のように使えることも意図している。

この空間がこれまでのマチの人々の営みを優しく受けとめながら、
新たなマチの賑わいを築いていってくれることを願っている。

デザイン担当

高尾 みちる

Michiru Takao

この作品の
イメージキーワード