1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. MINX銀座店 7F新装工事

UNION TEC [ユニオンテック株式会社] : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー40F [地図]
代表者 大川 祐介
担当者 小林 佐理
設立 2000年6月1日
業種・業態 店舗・オフィス設計施工、グラフィック・WEBデザイン等
坪単価 15万円-80万円
設計デザイン費・内装工事費・設備工事費
デザイナー数 13(社員数110)人
建築 建築設計可能
資格・許認可 建築工事許可(特-24)第129649号
建築士事務所登録 東京都知事登録 第14591号

社内風景

チームワークは、我々の根幹の一つです!

その他の写真

設計デザイナーや制作管理をはじめ、スタッフ間の対話は欠かせません!

過去作品

[飲食]
 ┣和食ダイニング
 ┣料亭・割烹
 ┣寿司店
 ┣フレンチレストラン
 ┣イタリアンレストラン
 ┣鉄板ダイニング
 ┣スペインバル
 ┣ビアパブ・ビアホール
 ┣中華料理店
 ┣ラーメン店
 ┣居酒屋
 ┣カフェ

[美容]
 ┣ヘアサロン
 ┣エステサロン
 ┣まつエクサロン
 ┣ネイルサロン
 ┣ホットヨガスタジオ
 ┣美容整形

[物販]
 ┣雑貨・インテリアショップ
 ┣本屋
 ┣眼鏡ショップ
 ┣時計・ジュエリー店
 ┣アパレル・ファッション
 ┣ファッション雑貨店

[クリニック]
 ┣歯科クリニック
 ┣小児科
 ┣鍼灸・整体院
 ┣皮膚科
概要

店舗名 [MINX銀座店 7F新装工事]

(ミンクスギンザテン ナナカイシンソウコウジ)

MINX銀座店 7F新装工事のHPへ

東京都中央区東銀座2-5-4ファサード銀座7F / 東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 / 美容室 / 71.7 坪
三上 大志
MINX銀座店 7F新装工事 MINX銀座店 7F新装工事 MINX銀座店 7F新装工事 MINX銀座店 7F新装工事 MINX銀座店 7F新装工事 MINX銀座店 7F新装工事 MINX銀座店 7F新装工事 MINX銀座店 7F新装工事 MINX銀座店 7F新装工事

スタイリングスペースの奥にもウェイティングスペースを確保。
ディスプレイ棚内部には、コールド待ち等多用途に使用できる折り畳みのテーブルを設置し、フレキシブルな対応を可能としました。

セット面には古材を使用し、鏡面中央に視線が集中しやすいようにアールデコ調のカットミラーで構成。
また、顔に影が落ちないように、正面から発光する照明を仕込んである。木や石の自然素材を多用し、落ち着きがあり、やわらかい色味で構成しています。照明は全体的には明るめの計画でしたが、要所でピクチャーライトやブラケットライト、ペンダントライトを用い、アクセントとしました

セット面には古材を使用し、鏡面中央に視線が集中しやすいようにアールデコ調のカットミラーで構成。
また、顔に影が落ちないように、正面から発光する照明を仕込んである。木や石の自然素材を多用し、落ち着きがあり、やわらかい色味で構成しています。照明は全体的には明るめの計画でしたが、要所でピクチャーライトやブラケットライト、ペンダントライトを用い、アクセントとしました

セット面には古材を使用し、鏡面中央に視線が集中しやすいようにアールデコ調のカットミラーで構成。
また、顔に影が落ちないように、正面から発光する照明を仕込んである。木や石の自然素材を多用し、落ち着きがあり、やわらかい色味で構成しています。照明は全体的には明るめの計画でしたが、要所でピクチャーライトやブラケットライト、ペンダントライトを用い、アクセントとしました

モスグリーンのエイジングを全体に施した中で、間接照明と最小限の作業光で構成、お客様がくつろげる空間を心がけました。また、セプション側の動きがシャンプースペースからも確認できるように、間仕切り壁にマジックミラーを施しました。

モスグリーンのエイジングを全体に施した中で、間接照明と最小限の作業光で構成、お客様がくつろげる空間を心がけました。また、セプション側の動きがシャンプースペースからも確認できるように、間仕切り壁にマジックミラーを施しました。

モスグリーンのエイジングを全体に施した中で、間接照明と最小限の作業光で構成、お客様がくつろげる空間を心がけました。また、セプション側の動きがシャンプースペースからも確認できるように、間仕切り壁にマジックミラーを施しました。

レセプションから直結した位置に配置した、店内と同じコンセプトである「アーバンコンフォート」、都会的な癒し空間を表現。スイング式のシャンプー台を設置し、お客様が移動することなく施術が行えます。

レセプションカウンターは壁面でも使用している大谷石をメインに重厚感のあるデザイン。
中間には待合い席に座った時に目に入る高さでC 型鋼を挟み込み、簡易なディスプレイとしても使用できるスペースを確保。待合いはレセプション近くに配置し、テーブルには1枚板のウォールナットを使用。照明はオリジナルのペンダントを設置し、壁面には古材を多用することで、ナチュラルでやわらかな空間を演出しています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

「アーバンコンフォート」をコンセプトに、より快適に、よりくつろげる空間を追及

コンセプトは2Fの既存店舗と同じく「アーバンコンフォート」を掲げ、デザインを踏襲しつつ ナチュラルな空気感を意識し、より快適でよりくつろげる空間を追及しました。

セット面や壁面など随所に古材を使用し、カウンターや壁面に大谷石を採用することで ナチュラルでやわらかいイメージを与えながらも、重厚感の感じられるデザインを意識しました。

デザイン担当

三上 大志

TAISHI MIKAMI

設計デザイン

三上 大志の写真

この作品の
イメージキーワード