1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 京王フレンテ新宿3丁目7FWC

株式会社モノグラフ : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都世田谷区上馬2-25-7東洋興信所ビル [地図]
代表者 市村隆剛
担当者 市村隆剛
設立 2015年1月9日
業種・業態 デザイン・設計&施工
デザイナー数 2人

社内風景

概要

店舗名 [京王フレンテ新宿3丁目7FWC]

(ケイオウフレンテシンジュクサンチョウメナナカイトイレ)

京王フレンテ新宿3丁目7FWCのHPへ

東京都新宿区新宿3−4−8京王フレンテ新宿三丁目 / 新宿三丁目 / トイレ / 7.6 坪
市村 隆剛
京王フレンテ新宿3丁目7FWC 京王フレンテ新宿3丁目7FWC 京王フレンテ新宿3丁目7FWC 京王フレンテ新宿3丁目7FWC 京王フレンテ新宿3丁目7FWC 京王フレンテ新宿3丁目7FWC 京王フレンテ新宿3丁目7FWC 京王フレンテ新宿3丁目7FWC 京王フレンテ新宿3丁目7FWC

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

本物件は新宿三丁目という都心に位置し、商業施設のレストランフロアでもあります。お客様満足度向上の為、トイレにとって重要なファクターである機能性・清潔性・メンテナンス性の他、遊び心や気づかいのあるデザインが求められました。コンセプトは「LINE」。人・情報・交通・五感・喜怒哀楽が“交錯”する街。クライアントは鉄道会社のため、都心から放射線状に広がる“線路”をイメージ。リピーターを創るという思いを“つかまえる”と解釈し、“交錯”“線路”“つかまえる”という表現方法を【蜘蛛の巣】をモチーフにデザイン化しました。
更にデザインのみならず機能性にも工夫を凝らし、視覚に障害のある方の視認性を向上させるため、小便器と背面に“コントラスト”を付けると共に小便器の中心が簡単に判断できるように小便器上部に“蜘蛛の糸”を中心線として描きました。また、おそらく日本初の試みとして「男性・女性らしさ」のフォルムを10体のピクトサインでユニークに表現。そして・・・その男女が入口正面に登場!「蜘蛛の巣に掛かってしまった女性を狙い、迫り来る蜘蛛を男性が助ける」という遊び心のあるストーリーをグラフィカという特注メラミンの特性を最大限活用して表現しました。(アイカ施工例コンテスト特別賞受賞)

デザイン担当

市村 隆剛

takayoshi ichimura

ディレクター/デザイナー

市村 隆剛の写真