1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 珈琲とお菓子「き」 

株式会社イド : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区元代々木町27-9-203号 [地図]
代表者 小栗誠詞
担当者 小栗誠詞
設立 2013年6月4日
業種・業態 店舗設計・インテリアデザイン・グラフィックデザイン
デザイナー数 3人

過去作品

・インテリアデザイン
(カフェ、漢方薬店、鍼灸院、展示会場、他)
・グラフィックデザイン
(ロゴマーク、ウェブサイト、パッケージ、印刷物、他)
・プロダクトデザイン
(家具、照明、インテリアアクセサリー、革小物、他)
・ブランディング
・アートディレクション
・キュレーション
・写真

概要

店舗名 [珈琲とお菓子「き」 ]

(コーヒートオカシ キ)

珈琲とお菓子「き」 のHPへ

東京都世田谷区代田5-9-5-1階-A / 小田急小田原線世田谷代田 / カフェ・パン・喫茶, その他(飲食) / 9 坪
小栗 誠詞 大木 陽平
珈琲とお菓子「き」  珈琲とお菓子「き」  珈琲とお菓子「き」  珈琲とお菓子「き」  珈琲とお菓子「き」  珈琲とお菓子「き」  珈琲とお菓子「き」  珈琲とお菓子「き」  珈琲とお菓子「き」 

客席全景。センターテーブルとカウンターテーブル、壁際には、販売スペースにもなる小さなテーブルも配置。

オリジナルのスチール製テーブルによって、天板が支えられています。枝には帽子やコートをかけることも出来ます。

カウンターから見た客席。天井の凸凹を整えました。

小さなテーブルをいくつも置くのではなく、大きなテーブルを置くことで店内を広く感じさせます。枝によって、相席時にも心地よい距離感を保つことが出来ます。

カウンターから見た客席。カウンターでは、店主との会話が楽しめます。

カウンターテーブル。並木道のようなカウンターテーブルは4席。

店舗のロゴマークやパッケージ等のグラフィックもお店と合わせてデザインしました。

ウィンドウのサイン。ロゴマークがさりげなく施されています。

店舗外観。既存の外観に塗装を施しました。店舗自体を大きなショーウィンドウとして捉えて、外からの印象的な見え方を模索しました。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

東京に小さな森のようなカフェが出来ました。コーヒーとお菓子を、庭のような、森のような空間で楽しむことが出来るカフェです。真っ白な空間が深い珈琲色の木を引き立てます。

店内に何本も立っている「木」はスチール製のテーブルの脚です。高く伸びたテーブルの脚は、帽子やコートをかけることも出来ます。大きなテーブルは、大勢でも使えますが、木の枝が机上の空間を仕切ってくれるので、相席時も心地良い距離感を保つことが出来ます。また、テーブルの脚はランダムに立っており、座る場所を座る人が自由に選ぶことが出来ます。乱立する木立によって、実際以上の奥行きが感じられます。

インテリアだけでなく、グラフィックやユニフォーム、ウェブサイトやオリジナルグッズなども総合的にデザインしました。現在は、カフェ兼ギャラリーとして運営されており、多くのアーティストの方が展示をされています。印象的な店舗によって、把握しているだけでも40以上の国内外のメディア(書籍、雑誌、ウェブサイト等)に掲載され、海外からのお客様もありなど、店舗による集客を実現しています。

デザイン担当

小栗 誠詞

Seiji Oguri

インテリアデザイン

小栗 誠詞の写真

デザイン担当

大木 陽平

Yohei Oki

グラフィックデザイン

大木 陽平の写真

この作品の
イメージキーワード