1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 魚酒場ピン(東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [魚酒場ピン(東京)]

(ウオサカバピン)

魚酒場ピン(東京)のHPへ

東京都千代田区神田神保町2-20ワカヤギビル1F / 神保町 / 魚酒場 / 38 坪
兼城 祐作 鈴木麻紗子
魚酒場ピン(東京) 魚酒場ピン(東京) 魚酒場ピン(東京) 魚酒場ピン(東京) 魚酒場ピン(東京) 魚酒場ピン(東京) 魚酒場ピン(東京) 魚酒場ピン(東京) 魚酒場ピン(東京)

魚をメインにした居酒屋のデザイン。
魚のシルエットをペイントした外観が特徴。

業態のわかりやすや、親しみやすさ、入りやすさを考えデザインしたファサード。

カウンター。
大型のアイスベッドが食のノリを、コードペン周りに吊した瓶玉や、
魚のレリーフオブジェが魚酒場である事を印象づける。

魚ピンオリジナルの魚のレリーフオブジェ。

掘り炬燵席。
和の落ち着きがありながらも、瓶玉や網かごでオリジナル感ある空間に。

店内客席は建具を取り払う事で、
大宴会にも対応できる。

掘り炬燵席。
建具をはめれば個室利用もできる。

アンティークの格子戸を壁面にディスプレイ。

個室。
壁面の格子だけでなく、下がり壁にもアンティーク欄間を取付。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

御茶ノ水の人気店【立ち飲みピン】の三号店で、
魚料理をメインにした【魚酒場ピン】、通称魚ピンのデザイン。
魚のシルエットをペイントした、一目で業態の伝わる外観が特徴。
店内にはアンティークの格子建具や欄間をディスプレイし和の繊細さを出しつつも、
ガラスの瓶玉や網かご等、漁と関連する要素を遊び心もって掛け合わせる事で、
親しみやすいオリジナル空間に仕上げた。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

デザイン担当

鈴木麻紗子

SUZUKI MASAKO

デザイナー

鈴木麻紗子の写真

この作品の
イメージキーワード