1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 池袋 15QUEEN

UNION TEC [ユニオンテック株式会社] : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー40F [地図]
代表者 大川 祐介
担当者 小林 佐理
設立 2000年6月1日
業種・業態 店舗・オフィス設計施工、グラフィック・WEBデザイン等
坪単価 15万円-80万円
設計デザイン費・内装工事費・設備工事費
デザイナー数 13(社員数110)人
建築 建築設計可能
資格・許認可 建築工事許可(特-24)第129649号
一級建築士事務所  東京都知事登録 第61311号

社内風景

チームワークは、我々の根幹の一つです!

その他の写真

設計デザイナーや制作管理をはじめ、スタッフ間の対話は欠かせません!

過去作品

[飲食]
 ┣和食ダイニング
 ┣料亭・割烹
 ┣寿司店
 ┣フレンチレストラン
 ┣イタリアンレストラン
 ┣鉄板ダイニング
 ┣スペインバル
 ┣ビアパブ・ビアホール
 ┣中華料理店
 ┣ラーメン店
 ┣居酒屋
 ┣カフェ

[美容]
 ┣ヘアサロン
 ┣エステサロン
 ┣まつエクサロン
 ┣ネイルサロン
 ┣ホットヨガスタジオ
 ┣美容整形

[物販]
 ┣雑貨・インテリアショップ
 ┣本屋
 ┣眼鏡ショップ
 ┣時計・ジュエリー店
 ┣アパレル・ファッション
 ┣ファッション雑貨店

[クリニック]
 ┣歯科クリニック
 ┣小児科
 ┣鍼灸・整体院
 ┣皮膚科
概要

店舗名 [池袋 15QUEEN]

(イケブクロ ヒフティークイーン)

池袋 15QUEENのHPへ

東京都豊島区東池袋1-15+5 / 池袋駅 / クラブ / 20.7 坪
金谷 敬介
池袋 15QUEEN クラブの内装・外装画像 池袋 15QUEEN 池袋 15QUEEN 池袋 15QUEEN 池袋 15QUEEN 池袋 15QUEEN 池袋 15QUEEN 池袋 15QUEEN 池袋 15QUEEN

20世紀初頭にタイムスリップしたかのような…
そんな歴史的デザインと現代的機能を合わせたファサード

かつてバーレスクがショーとしてアメリカで流行したといわれる20世紀初頭。
その頃の建築に見られる装飾的でいて直線的なネオ・クラシック様式の要素をベースに、ネオン管を模したLEDサインやランダムに構成したモールディングのパネル等で現代的な解釈を取り入れた意匠。20世紀初頭のロサンゼルスにいるような錯覚を起こしそう雰囲気です。

20世紀初頭にタイムスリップしたかのような…
そんな歴史的デザインと現代的機能を合わせたファサード

かつてバーレスクがショーとしてアメリカで流行したといわれる20世紀初頭。
その頃の建築に見られる装飾的でいて直線的なネオ・クラシック様式の要素をベースに、ネオン管を模したLEDサインやランダムに構成したモールディングのパネル等で現代的な解釈を取り入れた意匠。20世紀初頭のロサンゼルスにいるような錯覚を起こしそう雰囲気です。

20世紀初頭にタイムスリップしたかのような…
そんな歴史的デザインと現代的機能を合わせたファサード

かつてバーレスクがショーとしてアメリカで流行したといわれる20世紀初頭。
その頃の建築に見られる装飾的でいて直線的なネオ・クラシック様式の要素をベースに、ネオン管を模したLEDサインやランダムに構成したモールディングのパネル等で現代的な解釈を取り入れた意匠。20世紀初頭のロサンゼルスにいるような錯覚を起こしそう雰囲気です。

主張し過ぎない…
それでもバーレスクの世界観香るシンプルなロゴ

装飾もシンプルであり主張し過ぎないロゴ。
派手にしすぎず落ち着いた中に、文字色をパープルにし妖艶さが垣間見える
「バーレスクらしさ」をロゴで表現しました。

シックで品のある店内
大人がくつろげる空間を演出

シックでありながら品のある黒のソファー、全体は控えめな色としつつ大きな赤い円がワンポイントとなっているフローリング。総合的に「落ち着いた大人の空間」を演出している店内となっています。

シックで品のある店内
大人がくつろげる空間を演出

シックでありながら品のある黒のソファー、全体は控えめな色としつつ大きな赤い円がワンポイントとなっているフローリング。総合的に「落ち着いた大人の空間」を演出している店内となっています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

バーレスクダンスをコンセプトに掲げ華やかなショーを体感する事のできるクラブ。
 
かつてバーレスクがショーとしてアメリカで流行したといわれる20世紀初頭頃の建築に見られる装飾的でいて直線的な ネオ・クラシック様式の要素をベースに、
ネオン管を模したLEDサインやランダムに構成したモールディングのパネル等で現代的な解釈を取り入れた意匠としています。

バーレスクダンスの艶感とクラブとしての格式を併せ持つキャッチーなファサードを目指しました。

デザイン担当

金谷 敬介

Kanaya Keisuke

設計・デザイン

金谷 敬介の写真

この作品の
イメージキーワード