1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. smapla イオンタウン ユーカリが丘店

UNION TEC [ユニオンテック株式会社] : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー40F [地図]
代表者 大川 祐介
担当者 小林 佐理
設立 2000年6月1日
業種・業態 店舗・オフィス設計施工、グラフィック・WEBデザイン等
坪単価 15万円-80万円
設計デザイン費・内装工事費・設備工事費
デザイナー数 13(社員数110)人
建築 建築設計可能
資格・許認可 建築工事許可(特-24)第129649号
建築士事務所登録 東京都知事登録 第14591号

社内風景

チームワークは、我々の根幹の一つです!

その他の写真

設計デザイナーや制作管理をはじめ、スタッフ間の対話は欠かせません!

過去作品

[飲食]
 ┣和食ダイニング
 ┣料亭・割烹
 ┣寿司店
 ┣フレンチレストラン
 ┣イタリアンレストラン
 ┣鉄板ダイニング
 ┣スペインバル
 ┣ビアパブ・ビアホール
 ┣中華料理店
 ┣ラーメン店
 ┣居酒屋
 ┣カフェ

[美容]
 ┣ヘアサロン
 ┣エステサロン
 ┣まつエクサロン
 ┣ネイルサロン
 ┣ホットヨガスタジオ
 ┣美容整形

[物販]
 ┣雑貨・インテリアショップ
 ┣本屋
 ┣眼鏡ショップ
 ┣時計・ジュエリー店
 ┣アパレル・ファッション
 ┣ファッション雑貨店

[クリニック]
 ┣歯科クリニック
 ┣小児科
 ┣鍼灸・整体院
 ┣皮膚科
概要

店舗名 [smapla イオンタウン ユーカリが丘店]

(スマプラ イオンタウン ユーカリガオカテン)

smapla イオンタウン ユーカリが丘店のHPへ

千葉県佐倉市ユーカリが丘6-12-3イオンユーカリが丘東街区2F / ユーカリが丘駅 / ケータイアクセサリーショップ / 13.16 坪
三上 大志
smapla イオンタウン ユーカリが丘店 smapla イオンタウン ユーカリが丘店 smapla イオンタウン ユーカリが丘店 smapla イオンタウン ユーカリが丘店 smapla イオンタウン ユーカリが丘店 smapla イオンタウン ユーカリが丘店 smapla イオンタウン ユーカリが丘店 smapla イオンタウン ユーカリが丘店 smapla イオンタウン ユーカリが丘店

天井まで積み上げたディスプレイボックスで
ワクワクするリズムを表現

店舗内を奥行の違うディスプレイボックスを天井まで積み上げリズムを与えています。 こうすることで、既存の店舗で重要視されていた一定以上商品数を置くだけという雑多なイメージの解消を図っています。
またこのボックスはPOPやディスプレイのみでも使用ができ多目的な箱ととなっており、セール時期や特設コーナーの設置にフレキシブルに対応可能。シンプルだが機能と意匠を満たしたデザインとなっております。

店舗全体を綺麗なデザインでまとめつつ
通りがかった人がつい気になってしまう店舗デザイン

全体的に白を基調とした上で木目と黒を織り交ぜ、挿し色としてロゴを含めた緑を使用。
白は刷新、緑は回復・再生、黒は全体を引き締めるイメージを与えています。
素材に変化をもたせ、綺麗な空間としてまとめつつも、通りがかった人が「何があるんだろう?」とつい気になってしまう店内構成としています。

修理スペースとレジカウンターを統合
お客様に「安心感」を運びます。

既存店では閉鎖的で見えなかったケータイの修理スペースをレジカウンターと統合しオープンな空間としました。そうすることで作業スペースをお客様に見せることができ、安心感を持ってもらえる空間としました。
大事な携帯電話、スマートフォンを修理などで預けるお客様にとって重要なのは安心感。
その思いをデザインでカタチにしました。

天井まで積み上げたディスプレイボックスで
ワクワクするリズムを表現

店舗内を奥行の違うディスプレイボックスを天井まで積み上げリズムを与えています。 こうすることで、既存の店舗で重要視されていた一定以上商品数を置くだけという雑多なイメージの解消を図っています。
またこのボックスはPOPやディスプレイのみでも使用ができ多目的な箱ととなっており、セール時期や特設コーナーの設置にフレキシブルに対応可能。シンプルだが機能と意匠を満たしたデザインとなっております。

今回のコンセプトは既存店舗デザインの刷新
そのコンセプトを一目で感じるロゴで表現しました

既存店では一定数以上の商品数を置くという事が重要視され雑多な印象でしたが、今回のコンセプトは機能的且つシンプル。そのコンセプトをシックでシンプルなロゴをエントランスとカウンターに配置し表現。
白い壁にロゴを配置したシンプルなデザインに、上からの照明による陰影を使用したレイヤー効果をプラスすることで印象的な雰囲気にしました。

天井まで積み上げたディスプレイボックスで
ワクワクするリズムを表現

店舗内を奥行の違うディスプレイボックスを天井まで積み上げリズムを与えています。 こうすることで、既存の店舗で重要視されていた一定以上商品数を置くだけという雑多なイメージの解消を図っています。
またこのボックスはPOPやディスプレイのみでも使用ができ多目的な箱ととなっており、セール時期や特設コーナーの設置にフレキシブルに対応可能。シンプルだが機能と意匠を満たしたデザインとなっております。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

ご依頼いただいた際に、既存店舗デザインの刷新を行いたいということで打合せが始まった。
 
既存店では一定数以上の商品数を置くという事が重要視され、商品の見せ方には重点が置かれておらず雑多な印象を感じた。 
今回の店舗では壁面に奥行の違うディスプレイボックスを点在させることにより、店舗にリズムを与えることで雑多なイメージを解消できないかと考えた。 
このボックスはサイズをマニュアル化することで陳列だけでなく、POPやディスプレイのみでの使用ができる、多目的な箱となっている。 

これはセール時期と通常時の商品数の変化、特設コーナーの設置にフレキシブルな対応を可能とする、シンプルだが機能と意匠を満たしたデザインとなった。

デザイン担当

三上 大志

TAISHI MIKAMI

設計デザイン

三上 大志の写真