1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 焙煎珈琲直売 高根珈琲

UNION TEC [ユニオンテック株式会社] : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー40F [地図]
代表者 大川 祐介
担当者 小林 佐理
設立 2000年6月1日
業種・業態 店舗・オフィス設計施工、グラフィック・WEBデザイン等
坪単価 15万円-80万円
設計デザイン費・内装工事費・設備工事費
デザイナー数 13(社員数110)人
建築 建築設計可能
資格・許認可 建築工事許可(特-24)第129649号
建築士事務所登録 東京都知事登録 第14591号

社内風景

チームワークは、我々の根幹の一つです!

その他の写真

設計デザイナーや制作管理をはじめ、スタッフ間の対話は欠かせません!

過去作品

[飲食]
 ┣和食ダイニング
 ┣料亭・割烹
 ┣寿司店
 ┣フレンチレストラン
 ┣イタリアンレストラン
 ┣鉄板ダイニング
 ┣スペインバル
 ┣ビアパブ・ビアホール
 ┣中華料理店
 ┣ラーメン店
 ┣居酒屋
 ┣カフェ

[美容]
 ┣ヘアサロン
 ┣エステサロン
 ┣まつエクサロン
 ┣ネイルサロン
 ┣ホットヨガスタジオ
 ┣美容整形

[物販]
 ┣雑貨・インテリアショップ
 ┣本屋
 ┣眼鏡ショップ
 ┣時計・ジュエリー店
 ┣アパレル・ファッション
 ┣ファッション雑貨店

[クリニック]
 ┣歯科クリニック
 ┣小児科
 ┣鍼灸・整体院
 ┣皮膚科
概要

店舗名 [焙煎珈琲直売 高根珈琲]

(バイセンコーヒーチョクバイ タカネコーヒー)

神奈川県相模原市中央区高根2-1-20 / 淵野辺駅 / 焙煎珈琲販売 / 42 坪
副島 嗣正
焙煎珈琲直売 高根珈琲 焙煎珈琲直売 高根珈琲 焙煎珈琲直売 高根珈琲 焙煎珈琲直売 高根珈琲 焙煎珈琲直売 高根珈琲 焙煎珈琲直売 高根珈琲 焙煎珈琲直売 高根珈琲 焙煎珈琲直売 高根珈琲 焙煎珈琲直売 高根珈琲

コンビニ店から専門店への変貌
ラフすぎずどっしりと、風格漂う外観

元々コンビニがあった場所に立地する店舗。
「いかにコンビニらしさを消し、新しい店として認知させるか?」
を意識し、ファサードをはじめ外観をデザイン。
ラフすぎずとっしりとした店構えに、専門店の風格を持たせました。

コンビニ店から専門店への変貌
ラフすぎずどっしりと、風格漂う外観

元々コンビニがあった場所に立地する店舗。
「いかにコンビニらしさを消し、新しい店として認知させるか?」
を意識し、ファサードをはじめ外観をデザイン。
ラフすぎずとっしりとした店構えに、専門店の風格を持たせました。

元コンビニ店舗の「抜け感」を再利用
販売・焙煎、全部外からでも眺められます。

元コンビニ店であった店舗の「抜け感」を利用し店の奥まで見える店内。
販売や焙煎などを外からでも見せるようにしました。
たまたま通りがかった珈琲好きな人には、思わぬ発見でつい引き込まれてしまうかもしれませんね。

「珈琲工場」のような無骨さとライブ感
コアなファンが喜ぶ焙煎室

まるで工場のような無骨さとライブ感あふれる焙煎室。
販売室からも見ることが可能で、コーヒーの製造過程の雰囲気から感じてもらえることが出来る作りとなっています。コアなコーヒーファンには堪らない、そんな空間となっております。

大手チェーン店では簡単に真似は出来ない
個人店だからこそお客様に提案できる「ライブ感」

普段中々見る事ができない、ストックスペース。
コーヒー豆が入った麻袋を展示するように見せ、珈琲づくりの現場のライブ感をより強く高めています。大手珈琲チェーン店では見ることの出来ない、貴重な体験が可能です。商品力だけでなく空間も含めて楽しい時間を提供することができ、リピートのお客様が増えそうですね。

「珈琲工場」のような無骨さとライブ感
コアなファンが喜ぶ焙煎室

まるで工場のような無骨さとライブ感あふれる焙煎室。 販売室からも見ることが可能で、コーヒーの製造過程の雰囲気から感じてもらえることが出来る作りとなっています。コアなコーヒーファンには堪らない、そんな空間となっております。

ワンポイントで可愛らしい看板を設置
ギャップを利用し入りやすい雰囲気を作成

どっしりとした高級感漂うファサード・外観。
それを敢えて外すかのようにワンポイントで可愛らしい看板を入り口に設置。
元コンビニらしさを解消し高級感を表現した中、ギャップを利用し入りやすい雰囲気をつくっています。

偶然通りがかった人も気になってしまう看板とは?
シンプルな看板の中に込めた表現したい世界観

白と黒のみの配色のシンプルな店頭呼び込み用の看板。
シンプルな看板とはいえ、目に入った瞬間に直感で感じ、つい入りたく気になってしまう存在感ある看板となっています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

元々コンビニがあった場所に立地する店舗。「いかにコンビニらしさを消し、新しい店として認知させるか?」を意識し、ファサードをはじめ外観をデザイン。ラフすぎずとっしりとした店構えに、専門店の風格を持たせました。

デザイン担当

副島 嗣正

SOEJIMA HIDEMASA

設計・デザイン

副島 嗣正の写真

この作品の
イメージキーワード