1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店

UNION TEC [ユニオンテック株式会社] : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー40F [地図]
代表者 大川 祐介
担当者 小林 佐理
設立 2000年6月1日
業種・業態 店舗・オフィス設計施工、グラフィック・WEBデザイン等
坪単価 15万円-80万円
設計デザイン費・内装工事費・設備工事費
デザイナー数 13(社員数110)人
建築 建築設計可能
資格・許認可 建築工事許可(特-24)第129649号
建築士事務所登録 東京都知事登録 第14591号

社内風景

チームワークは、我々の根幹の一つです!

その他の写真

設計デザイナーや制作管理をはじめ、スタッフ間の対話は欠かせません!

過去作品

[飲食]
 ┣和食ダイニング
 ┣料亭・割烹
 ┣寿司店
 ┣フレンチレストラン
 ┣イタリアンレストラン
 ┣鉄板ダイニング
 ┣スペインバル
 ┣ビアパブ・ビアホール
 ┣中華料理店
 ┣ラーメン店
 ┣居酒屋
 ┣カフェ

[美容]
 ┣ヘアサロン
 ┣エステサロン
 ┣まつエクサロン
 ┣ネイルサロン
 ┣ホットヨガスタジオ
 ┣美容整形

[物販]
 ┣雑貨・インテリアショップ
 ┣本屋
 ┣眼鏡ショップ
 ┣時計・ジュエリー店
 ┣アパレル・ファッション
 ┣ファッション雑貨店

[クリニック]
 ┣歯科クリニック
 ┣小児科
 ┣鍼灸・整体院
 ┣皮膚科
概要

店舗名 [La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店]

(ラバサラ カフェアンドグリル アサクサテン)

La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店のHPへ

東京都台東区浅草2-1-3 / 浅草駅 / 創作イタリアン / 57.5 坪
副島 嗣正 金谷 敬介
La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店 La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店 La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店 La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店 La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店 La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店 La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店 La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店 La VASARA -CAFÉ & GRILL- 浅草店

イメージは京都「伏見稲荷大社」の千本鳥居
和の設えを意識しつつ洗練されたモダンな空間

店内中央を通るアーチは京都「伏見稲荷大社」の千本鳥居を連想させ奥にある鏡と一体となり、奥行を持たせています。アーチを潜る事で人は気持ちを高揚させ、食事や会話が弾み、楽しい空間として記憶が残ります。間仕切りは大きめの格子で、程よいプライバシーを持たせつつ独立したスペースを保っています。
和の設えを意識しつつも、モダンで洗練された空間となりました。

浅草の新しい撮影スポット候補
「格式」と「艶感」を演出した門構え

数寄屋門、大和塀や石畳等の風情漂うアプローチを設け伝法院通りの景観に馴染ませつつ、入口をセットバック。手前に行灯サインや小庭を設ける事により、格式と艶感を演出し通行人へ店内への期待感を与えます。
また、着物を着た際の撮影スポットとしても「粋」なシチュエーションとなる空間をつくりあげました。

伝統的な門構えを抜けるとそこは…
モダンな『洋』のファサードのイタリアンレストラン

和の風情漂うアプローチを抜けると伝統的な門構えとは対照的なファサードが顔を出し、創作イタリアンレストランらしさを感じる事のできるモダンな『洋』の設えを演出しています。

「和」と「洋」の要素を緩やかに繋ぎ
自然な一体感と共に賑やかさを演出した全天候型テラス

可動式の屋根を導入することで、全天候に対応したテラス席。
続いていた通路の「和」の要素とテラス席の「洋」の要素を緩やかに繋ぎ、自然な一体感と共に賑やかさを演出しています。夜もライトアップがなされ、植物とライティングでハイセンスなデザインだけでなく、ほっこりとした癒し空間も作りあげています。

「和」と「洋」の要素を緩やかに繋ぎ
自然な一体感と共に賑やかさを演出した全天候型テラス

可動式の屋根を導入することで、全天候に対応したテラス席。
続いていた通路の「和」の要素とテラス席の「洋」の要素を緩やかに繋ぎ、自然な一体感と共に賑やかさを演出しています。夜もライトアップがなされ、植物とライティングでハイセンスなデザインだけでなく、ほっこりとした癒し空間も作りあげています。

入り口を見るだけでワクワクしてしまう
同じ敷地内に所在する2店舗の看板

同じ敷地内に所在する、創作イタリアンの「LaVASARA」と着物レタル店の「VASARA」。
入り口にてわかりやすく、看板をイメージカラーを赤と青にすることでをわかりやすく表示しています。どちらかにしか訪問しないお客様も、敷地に入るのが楽しみになってしまいますね。

光溢れる組子を使用したカウンター
店舗の顔として印象付けを行ったデザイン

アプローチを抜け店内に入ると、導かれるように光溢れる組子を使用したカウンターが現れ、店内の顔として印象付けを行っています。 またウェイティングとしての機能もあり、待ち時間を決して退屈させず、他の椅子席と同等の価値を持った席とさせています。

イメージは京都「伏見稲荷大社」の千本鳥居
和の設えを意識しつつ洗練されたモダンな空間

店内中央を通るアーチは京都「伏見稲荷大社」の千本鳥居を連想させ奥にある鏡と一体となり、奥行を持たせています。アーチを潜る事で人は気持ちを高揚させ、食事や会話が弾み、楽しい空間として記憶が残ります。間仕切りは大きめの格子で、程よいプライバシーを持たせつつ独立したスペースを保っています。
和の設えを意識しつつも、モダンで洗練された空間となりました。

イメージは京都「伏見稲荷大社」の千本鳥居
和の設えを意識しつつ洗練されたモダンな空間

店内中央を通るアーチは京都「伏見稲荷大社」の千本鳥居を連想させ奥にある鏡と一体となり、奥行を持たせています。アーチを潜る事で人は気持ちを高揚させ、食事や会話が弾み、楽しい空間として記憶が残ります。間仕切りは大きめの格子で、程よいプライバシーを持たせつつ独立したスペースを保っています。
和の設えを意識しつつも、モダンで洗練された空間となりました。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

個を感じ、穏やかに調和する。

世界的に有名な仲見世を始めとして、浅草には様々な商店街があります。数多くの商店街の1つでもある「伝法院通り」は、他の商店街とは一線を画す一風変わった趣向が凝らされており、庶民の街、浅草に相応しい江戸の伝統や遊び心などの“粋”を現代の浅草に蘇らせました。

デザイン担当

副島 嗣正

SOEJIMA HIDEMASA

設計・デザイン

副島 嗣正の写真

デザイン担当

金谷 敬介

Kanaya Keisuke

設計・デザイン

金谷 敬介の写真

この作品の
イメージキーワード