1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 焼鳥 茜

株式会社デザインワークス : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社アクセスランキング10位

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイント2F [地図]
代表者 生長弘丞
担当者 生長 弘丞
設立 2006年9月
業種・業態 デザイン・設計.施工
概要

店舗名 [焼鳥 茜]

(ヤキトリ アカネ)

東京都新宿区天神 / 神楽坂 / 焼鳥店 / 12 坪
生長 弘丞
焼鳥 茜 焼鳥店の内装・外装画像 焼鳥 茜 焼鳥 茜 焼鳥 茜 焼鳥 茜 焼鳥 茜 焼鳥 茜 焼鳥 茜 焼鳥 茜

カウンターは1枚の板から作っています

フロントはちょっと閉鎖的な和食店の様子ですが。。。

窓からは丸見えですね。。。

天井は黒の漆喰です

京都に良くある軒行灯は高いので(笑)骨董で探してそれっぽくしました

幅の広いカウンターってなんか良い物ですよね。。後の柱も杉の中杢で奇麗に作っています

ちょっと昔の床屋みたいなサインでしょレトロ。。

外から見えるとに飾り棚なんかも付けてみました

格のある素敵なフロントを造れました。この形になったのは基本的に軒の無いテナントだったので、雨よけに軒が必要だったんですよね。。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

2016年3軒目の焼鳥店

神楽坂と江戸川橋の中間に造りました

『焼鳥 茜』さんです

焼鳥好きの私、今年は焼鳥店一杯造れて幸せ一杯でした

来年も焼き鳥屋さん一杯造れるかしら???

年末、年の瀬にそんなことを考えております

さて茜さんは初めて見に行ったとき

かなり古いビルのスケルトン店舗でした

何故か超古いエアコンが残置されておりまだ一応動いていました

後は前テナントの造った入口も残っていました

まあ勿論撤去。。。でも捨てるのはタダじゃないんです。。。

先に捨てといて欲しいものです。。。ゴミだから(笑)

やっぱり無駄なお金使いたく無いじゃないですか?

どうせなら新しいお店を素敵にする為にその費用を使いたい

そう毎回思います

致し方ないんですけどね

ココは少し個性的なテナントで

片面

全部硝子で中が丸見えになる奴なんです

それと形が奥に行くに従って広くなる変形テナントでもありました

直ぐ形はイメージできるテナントで

窓外から見えるカウンターが良いだろうなと思っていましたが

実際、店舗が出来てから

通行人がみんな気になって見ている

こういうのが結構大切なデザインだったりします

どう考えても見え過ぎなんですけど(笑)

でも普通こういう風に見えるテナントは無いじゃないですか?

だから気になる

勿論、見せてる訳なんで舞台の様にカッコ良く

見せていますし

変にあえて隠さない

でも入口はちょっと敷居高そうだったり

人の興味をくすぐり入りたくなるデザインって

面白いです

それと相乗効果なのが

このお店は煙りを下に吸い込んでいるで

天井にフードが無いんで

奇麗にカウンター全体が見えるんで

美しく本当に舞台の様に見えるんです

まあ従業員の方々隠れるとこも無いんで大変でしょうが

すいません。。。

でも御陰でとても個性的なお店をデザインする事ができました

テナントの条件と業態とを考慮して形にして行く事がうまく行ったお店です

御陰さまで繁盛もしている様で

デザインした側としてもうれしく

ありがたい事です

近隣で気になっている方

是非、暖簾くぐってみて下さい







デザイン担当

生長 弘丞

Hirotsugu Ikunaga

デザイナー

生長 弘丞の写真

この作品の
イメージキーワード