1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. HARE.JP

有限会社 ぺブル : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都江東区富岡2-4-4 YANE内 [地図]
代表者 三橋 崇
担当者 三橋 崇
設立 2001年12月
業種・業態 デザイン・設計
スタッフ数 5人

過去事例

【物販店/アパレル】
・HARE
・ROSE BUD
・JEANASIS
・メーカーズシャツ鎌倉
・Tex Teq(重衣料)
・aquagirl
・AG(デニム)
・JINES
・INTERNATIONAL RELATION
 etc

【物販店/雑貨】
・靴下屋(靴下)
・RANDA(靴)
・CAMILLE BIS RANDA(靴)
・Cepica(アパレル雑貨)
・VIDE POCHES(雑貨)
 etc

【美容室】
・BARL SALON
・Ma doux
・hair salon Kette
・FABULOUS
・CLAPS
 etc

【飲食店】
・my little happiness
・farina bianca .pizzeria
 etc

【写真スタジオ】
・Studio SORA
・SWITCH

【ウェディング系】
・The Closet BY WEDDING SQUARE(ドレス)
・WEDDING SQUARE KYOTO(ドレス)
・TENKEI(チャペル)
 etc
概要

店舗名 [HARE.JP]

(ハレドットジェイピー)

HARE.JPのHPへ

  • 東京都渋谷区神宮前5-17-8原宿XS 1F
  • 原宿駅、明治神宮前駅
  • アパレル
  • 30 坪
HARE.JP アパレルの内装・外観画像 HARE.JP HARE.JP HARE.JP HARE.JP HARE.JP HARE.JP HARE.JP HARE.JP

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

 弊社で以前から設計しているブランド『HARE』、そのブランド名の語尾に『.JP』が付いて HARE の視点から日本のさまざまな魅力を発信していく新ブランド『HARE.JP』の初出店である原宿キャットストリートへの出店計画。
 
 原宿のキャットストリートといえば今や多くの外国人観光客が行き交うエリア。そんなインバウンド効果もあって、この通り沿いの店舗は近年は売り上げが急上昇しています。さらに、店舗で「和」を演出した空間には外国人がとても興味を示すということで、周辺店舗は商品の内容に関わらずあちこちで和のディスプレイを欠かさないエリアでもあります。そんなわけで、ブランド側のご要望も「和を取り入れた空間」であることが大前提でした。
 
 でも、実際に店舗全体が「和の空間」で『HARE.JP』の服は本当に引き立つのだろうか?周辺店舗がやるような「店舗全体が和の空間」や「和のディスプレイ」が本当にブランドにとって最善のことなのだろうか?アパレルショップが店舗という空間で表現すべき「和」や「日本らしさ」って一体なんだろう?
 
 そんな疑問に「和の空間(茶室)」と「ブランドとしての空間(ギャラリー)」を、個別だけどひとつの空間の中で演出することで、どちらもが共存共栄できるデザインを提案しました。
 
 「茶室」と言うには躙口も水屋もない空間ですが、実際の大工職人の丁寧な仕事で作られ、檜や杉、畳や竹といった和の素材は「匂い」や「肌触り」といった視覚以外の五感にも訴えかけます。松と茶室(風)の組み合わせは海外から来た外国人にも純粋に喜んでもらえるに違いない。そんな想いで、ブランドも設計も施工も、そして大工もが楽しみながら作り上げた空間となりました。
 
 誰も気づかないだろうけど「キャットストリート」ができる以前の「渋谷川」も石畳で演出したりして。両面の腰下のミラーでどこまでも続く川に見立てていたりもします。「茶室」を見ながら、主役である「商品」も同時に手に取ってもらえる、ブランドとしても理想的で、不思議な空間に仕上がったと思っています。

デザイン担当

三橋 崇

Takashi Mitsuhashi

ディレクション/デザイン・設計

三橋 崇の写真

この事例の
イメージキーワード