1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. cafe'小春日和

株式会社ピィクス : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 北海道札幌市中央区南七条西24丁目2-3 カルム円山202 [地図]
代表者 駒ケ峯 純
担当者 駒ケ峯 純
設立 2013年2月20日
業種・業態 デザイン・設計
スタッフ数 2人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所

社内風景

その他の写真

概要

店舗名 [cafe'小春日和]

(カフェ コハルビヨリ)

cafe'小春日和のHPへ

北海道北広島市 / 北広島駅 / 古民家カフェ / 15 坪
駒ケ峯 純
cafe'小春日和 古民家カフェの内装・外装画像 cafe'小春日和 cafe'小春日和 cafe'小春日和 cafe'小春日和 cafe'小春日和 cafe'小春日和 cafe'小春日和 cafe'小春日和

古民家の雰囲気を内装の随所に再現。本古木を化粧柱につかいつつ、新しい木材を浮造し表情を与えて店内のイメージと調和させました。

レジカウンター&物販コーナー。欄間や間仕切りに使われる板ガラスは、いまは貴重品となりつつある昭和時代の秘蔵品を活用。

白とダークブラウンを基調としたカラーリングに、一部タイル柄の資材を壁に施工。アンティーク塗装を施し、適度に使い込まれ感を表現。

テーブル席の天井に下げられたペンダント照明。
傘は一見ガラスですがアクリル樹脂製で、手作りで作られた風のガラス面の凹凸感もうまく再現。

カウンター席には透明感あるモザイクタイルを貼ってアクセントに。

アンティーク風な暖炉は電気式温風ヒーター。炎の揺らぎが小窓から見え、まるで本物の薪が燃えているようにみえます。

カウンター席のペンダントライトは小ぶりな傘がついて、やわらかい光が照らし出されます。

エントランスには太めの木ルーバーと黒のブラケットライトが、お店のサインを照らします。

もともと洋風な建物でしたが、テナント部分のみ古民家風に仕上げています。店内のやわらかな光やあったかな雰囲気が、窓越しに伺える外観としました。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

店舗デザイン.comにてご縁が繋がった個人オーナー様のカフェが完成しました。
ご契約の物件と「古民家カフェ」というリクエストがあまりに対局にある案件でしたが、内装から外装、家具や照明まで細かな部分まで綿密なヒアリングを重ね、開業計画に沿ったご予算範囲でイメージ以上の店舗に仕上がったと大変喜ばれました。
お近くにご用の際は、ぜひお立ち寄りいただきまして、食にこだわった美味しいランチをお楽しみください。

デザイン担当

駒ケ峯 純

komagamine jun

ディレクター

駒ケ峯 純の写真

この作品の
イメージキーワード