1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 燗コーヒー藤々

株式会社デザインワークス : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社アクセスランキング4位

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイント2F [地図]
代表者 生長弘丞
担当者 生長 弘丞
設立 2006年9月
業種・業態 デザイン・設計.施工
概要

店舗名 [燗コーヒー藤々]

(カンコーヒーフジフジ)

東京都新宿区荒木町 / 四谷三丁目 / 居酒屋割烹 / 10 坪
生長 弘丞
燗コーヒー藤々 居酒屋割烹の内装・外装画像 燗コーヒー藤々 燗コーヒー藤々 燗コーヒー藤々 燗コーヒー藤々 燗コーヒー藤々 燗コーヒー藤々 燗コーヒー藤々 燗コーヒー藤々

素材感の暖かみが伝わりますでしょうか?

路地裏で良い顔してますね

狭いから、コの字カウンターとわかる絵を撮るのはまま大変で(笑)

杉のカウンターの表情わかりますでしょうか?この少しの節と少しの白太部分の味。。。どうですか??

この文字に個人的には心射抜かれました。。。素晴らしいセンスの書家さんです。。

藤々の魅力の凝縮された1枚かと思います

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

今年の投稿の〆は

2019年度版ミシュランガイド

ビブグルマンに輝いたダークホース

燗コーヒー藤々さんです

お店は2017年の荒木町シリーズ中で造りました

個人的ですが

僕の中での荒木町和食三兄弟のやんちゃな次男的な感じ(笑)

そう言うお店です。

物件はスナック的な店の居抜きをスケルトンに解体して造りました

荒木町はそう言う古いお店が新陳代謝で新しくドンドンなっている地域です

既に弊社が造った関わった物件は7件くらいになります

小さな荒木町と言う地域にここ数年で7件と言うのは異常な数だと思います

それだけ新陳代謝が激しいんです

さてこのお店、藤々の特徴は

なんと言っても杉のコの字カウンターです

コの字カウンターだけでも小さいお店では一体感があっていい感じなんですが

カウンターの素材の杉(節あり)が温かい感じで何とも言えない味を出していると思います

勿論、その雰囲気に合わせて

古民具の簾障子や格子戸

籠のペンダントなども使い雰囲気盛り上げていますが

やっぱりなんと言っても杉のカウンターの落ちつくと言うか

包容力と言うか

まあ個人的な好みと言うか(笑)

お店の温かい感じの中心で良い顔をしています

杉って素材の良い面が生きてお店の中心になっている

そんなお店です

勿論、オーナー夫妻の『藤シャンズ』のお二人の雰囲気ともマッチしていますけど

荒木町の街と燗コーヒー藤々の相性もなんか個人的にですが

最強(笑)

そんないろんな意味で相性が最強?のお店が造れたと思います

荒木町に行く事があれば是非除いてみて下さい

なんか雰囲気抜群なのが

わかっていただけると思います

そひてやっぱり

自画自賛。。。







デザイン担当

生長 弘丞

Hirotsugu Ikunaga

デザイナー

生長 弘丞の写真

この作品の
イメージキーワード