1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. アクアリウムダイニング JeMare

KTX archiLAB : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

社名 KTX archiLAB
所在地 兵庫県姫路市船丘町298-2 日新ビル2F [地図]
担当者 松本哲哉
設立 1979年2月10日
業種・業態 店舗デザイン/建築設計/施工
スタッフ数 5人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所

社内風景

その他の写真

過去事例

40年の設計経験、数百に及ぶ実績、国内外デザインアワード多数受賞、国内外メディア多数掲載
概要

店舗名 [アクアリウムダイニング JeMare]

(アクアリウムダイニング ジェマーレ)

アクアリウムダイニング JeMareのHPへ

  • 東京都新宿区新宿3-10-10要会館4F
  • 新宿三丁目
  • アクアリウムダイニング
  • 29 坪
  • スケルトン
アクアリウムダイニング JeMare アクアリウムダイニングの内装・外観画像 アクアリウムダイニング JeMare アクアリウムダイニング JeMare アクアリウムダイニング JeMare アクアリウムダイニング JeMare アクアリウムダイニング JeMare アクアリウムダイニング JeMare アクアリウムダイニング JeMare アクアリウムダイニング JeMare

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

The Parallel Blue

新宿三丁目に位置するアクアリウムダイニングの計画。 当該テナントは古いビルであるため、重量のある水槽は梁上近辺に設置することになり、平面計画は非常に困難なものとなった。 海をイメージさせる空間を計画する上で問題となったのは2.1mという天井高。あまりにも低い天井では壮大な海のスケール感を再現できない。また、水槽上部にメンテナンススペースが必要であるため、水槽も低いものに制限され、水槽自体に迫力を持たせることが難しかった。そこで天井に鏡面を設置することで垂直方向への感覚的な気積を倍にし、空間を閉塞感から解放した。これにより天井鏡面に映り込む水槽の存在感もまた大きなものとなる。部分的にACや照明などの設備を配置した丸い円盤を鏡面天井に浮かべることで、水面の下にいる錯覚を与え、まるで海底で食事をしているような体験を提供している。

Located in one of the most bustling night life spots in Japan, The Parallel Blue offers a new aquarium dining experience in Shinjuku, Tokyo. Challenging the ocean themed possibilities in the heart of the concrete jungle, the new restaurant turns the simple hospitality environment into an immersive space where dinners are submerged in an aquarium universe. The roles are inversed, the dining room is now contained in a box and surrounded by oceanic sceneries, instead of the classical ornamental or decorative use of aquariums. The available room, however, not exceeding the 94 square meters, and the ceiling height limited at a crushing 2.1m, were decisive in shaping the dinning space. Considering the water tanks heavy weight to be introduced in a relatively old building, the aquariums were positioned exclusively on the top of load bearing beams. Moreover, the aquariums require a maintaining space on the top restricting them from reaching the ceiling and creating a dramatic effect. To create the immersive experience, walls were finished in mirrors and the ceiling in a similarly reflective aluminum panels expending the space in all directions and recreating the oceanic life forms of the aquariums in a surrounding environment. The ceiling features a white circle where air-conditioning and lighting equipment were placed, a floating disk accentuating the illusion of being under a larger aquarium overhead.

デザイン担当

松本哲哉

Tetsuya Matsumoto

デザイン 建築設計監理 施工管理

松本哲哉の写真

その他担当

竹内基晃

Motohiro Takeuchi

設計

竹内基晃の写真

その他担当

Farid Ziani

Farid Ziani

Farid Zianiの写真