1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 炉端屋 (東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [炉端屋 (東京)]

東京都新宿区高田馬場 / 高田馬場 / 炉端居酒屋 / 53.8 坪
兼城 祐作 佐藤弘美
炉端屋 (東京) 炉端屋 (東京) 炉端屋 (東京) 炉端屋 (東京) 炉端屋 (東京) 炉端屋 (東京) 炉端屋 (東京) 炉端屋 (東京) 炉端屋 (東京)

カウンター全景です。炉端は肉と魚を分けて使える様2箇所設けました。

ファサード全景です。窓側のパネルは斜めにし、通りの逆側から店内が伺える様になっています。外壁には魚のオブジェを取付け店のシンボルとなっています。

通り側の一番低い席は石庭の中に席を設け、高い天井には巨大なオブジェ照明を取付けました。奥のブース席は既存の区画を利用し階段状になっています。

奥のテーブル席は格子で組んだガラスの床下に石庭を造りました。低い天高を利用し圧迫感が出ない様、アーチ型天井にし、両側の石庭をイメージしたオブジェパネルから光が漏れる様になっています。

高い天井を活かして、存在感を主張するシャンデリアが豪華な空間を演出します。

円形のテーブルは導線の自由化、確保に繋がり開放感と動きのある空間演出を施します。

壁全面には売りである焼酎を陳列し、奥のオープンキッチンが見える様になっています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

床、天井の高さが各所によってバラバラで特殊な形状をしていた建物だった為、既存区画をうまく利用しながら各所のテーマを少しづつ変え、何処に座っても飽きない店造りをしました。炉端を囲む円形のカウンター部分は、各席への通過導線ともなっている為、業態の分かりやすさと開放感を考慮しました。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

デザイン担当

佐藤弘美

HIROMI SATO

デザイナー

佐藤弘美の写真

この作品の
イメージキーワード