1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. hugme SHOP

株式会社大和工芸 店舗カンパニー : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 愛知県名古屋市中川区押元町1-87 [地図]
代表者 市橋 雅之
担当者 高橋 幸雄
設立 1965年6月
業種・業態 店舗デザイン・設計・施工
デザイナー数 9人

過去作品

飛騨牛専門店『肉のキング』
洋菓子販売店『Deco&Deco』
ショールーム『マイン』
高価買取店『High-end』
自転車販売『じてんしゃひろば遊』
ショールーム『兼松プロパン瓦斯 オレンジハウス』
カラオケラウンジ『楽2』
和居酒屋『ちょいから』(改装)
花集団『plus blue place』
ペットショップ『シンシア』
自動車販売『FAIRLINE』
ベビー用品『DADLY』
ベビー用品『hugme SHOP』
やきとりととうふ『なか仲』
和居酒屋『ちょいから』
炭火焼鳥『どてん』
フレンチレストラン『ロワゾブルー』
フレンチレストラン『エルダンジュ』
紳士服『ロリス・アバテ』
帽子店『ドゥ・シャポー』
紳士服『テーラーニムラ』
フランス料理『ビストロ六軒屋』
概要

店舗名 [hugme SHOP]

hugme SHOPのHPへ

東京都渋谷区恵比寿西2-14-10 / 代官山 / ベビー用品 / 19.8 坪
寺本 真人
hugme SHOP hugme SHOP hugme SHOP hugme SHOP hugme SHOP hugme SHOP hugme SHOP hugme SHOP hugme SHOP

<ファサード>
立地が閑静な住宅街の中にあり、あまりに周囲の景観を無視した
華美なものとならぬよう極力シンプルでいて、しっかり主張できることを意識し、ブランドロゴカラーの赤をキーとした、丸型のテントをメインシンボルとしました。



<内部意匠>
商品は、ベビーカーを中心とした子育てをする若い世代の女性を
ターゲットとした構成で、一部意匠にレザーの布団張りの
スクエアパターンを採用し、柔らかでリッチな質感イメージに仕上げました。

<店内中央のVP>
中央にメイン商品であるベビーカーのVPを設置。        
実はこのVPの壁面には構造柱が2本隠されており       
邪魔だと思われていた柱を違和感なく効果的に利用しました。

<光と床素材>
照明は暖色系のものをベース照明として使い、全体的に柔らかなイメージ。床面のナチュラルな無垢ナラのフローリングに、あたたかな光が反射し包み込まれるような空間を意識しながら、商品陳列部は本来のカラーが映える スポット照明を配しました。                                

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

<アンテナショップの役割>
子育てをする現代女性の日常の中で、使いやすさ・心地よさなどの
快適な機能商品をセレクトするとともに、もう1つの要素として
自分のライフスタイルにみあったデザイン=自己主張するアイテムとしての
位置づけ。
そのアイテムの提案、発信するブランド拠点ショップとして
ターゲット層が快適に、そしてそのライフスタイルの中に取り入れる
イメージが掴めるフラット、でハイセンスなショップにできたと思います

デザイン担当

寺本 真人

Teramoto Masato

デザイナー

この作品の
イメージキーワード