1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 茶廊法邑

株式会社 ナカヤマア一キテクツ : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 北海道札幌市中央区南5条西13丁目2-22-ナカヤマビル [地図]
代表者 中山眞琴
担当者 近藤 紘史
設立 1988年
業種・業態 デザイン・設計
概要

店舗名 [茶廊法邑]

茶廊法邑のHPへ

北海道札幌市 / 東豊線環状通東駅 / カフェ+ギャラリー / 71.77 坪
中山 眞琴
茶廊法邑 茶廊法邑 茶廊法邑 茶廊法邑

入口からカフェスペースを見たところ

カフェスペース

内部、カウンター

外観

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

身体が漂着し形而下における非物質生が融解しはじめる時、時間がゆったりとスローモーションのように優麗になります。
その時人は、初めて過ぎ去った時間や現存する自己と対峙します。
抽象とも思えるその境位は、まさに無や禅の世界なのかもしれません。

そんな空間が「茶廊法邑」に存在します。
表層化され具現的なものばかりが喧噪とともに混在し、標石がないまま我々は右往左往しています。
これは位相をしっかり持っているはずのクリエーターや、芸術家達をも狂わせてしまうほど、危険に満ちています。

「静かに幽玄の境を生む建築であること」
「鑑賞に心を散らしていける建築であること」
「静謐で時間と呼応する建築であること」
「光と影がうららかな建築であること」
「余白が流麗であること」

これらの抽象は、「茶廊法邑」を創りあげる時の概念でした。

寸法も素材も光も私のデザインした家具も、私の選んだ小物や食器や骨董も、「法邑」を構築する重要なファクターでした。

しかし、完成してから建築には、「時間」という素材があるのだと気付いたのです。

デザイン担当

中山 眞琴

makoto nakayama

デザイナー

中山 眞琴の写真

この作品の
イメージキーワード