1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. ぶーさー 盛岡 (岩手)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン事例詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 二宮 弘大
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
スタッフ数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [ぶーさー 盛岡 (岩手)]

  • 岩手県盛岡市
  • 盛岡
  • 豚・沖縄料理居酒屋
  • 50 坪
  • リフォーム改装
ぶーさー 盛岡 (岩手) 豚・沖縄料理居酒屋の内装・外観画像 ぶーさー 盛岡 (岩手) ぶーさー 盛岡 (岩手) ぶーさー 盛岡 (岩手) ぶーさー 盛岡 (岩手) ぶーさー 盛岡 (岩手) ぶーさー 盛岡 (岩手) ぶーさー 盛岡 (岩手) ぶーさー 盛岡 (岩手)

瓦の表現方法を変えて壁面に連続させてディスプレイさせることでインパクトを与えています。

カウンター全景。二段カウンターを琉球瓦とシーサーのディスプレイで構築する事により沖縄色を醸し出させています。

カウンター向かいテーブル席。主導線前に位置する為、半個室として落ち着けるようにしています。

円卓席。パーテーションには和紙貼りの行灯型の中にショーケースを設け、民芸品のシーサーをディスプレイしてあります。

和紙が構成する格子は柔らかな光を放ち、店内を暖かく包みます。

黒を基調にした空間に明るい木調が引き立ちます。

暖色を基調にした個室席は落ち着きと安らぎをゲストに提供します。

ブース毎に掲げられた暖簾は泡盛の銘柄で各席によって差別化を図りました。

カウンター上に並べられた泡盛のボトルは沖縄色を主張します。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

既存店の使用できるものを利用してリニューアルさせた店舗です。業態に合わせ、沖縄色を出す為に琉球瓦を多様化したディスプレイを部分的に施し、又、シーサーの置物を至るところに配置・ディスプレイすることで、店内に雑多で落ち着ける雰囲気を醸し出させています。
    

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

この事例の
イメージキーワード