1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 三代目文治SINGAPORE

株式会社ベイリーフ : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南青山5-4-35-#408 [地図]
代表者 前田太郎
担当者 前田太郎
設立 2000年8月
業種・業態 商業施設、店舗の企画、デザイン、設計
デザイナー数 5人

過去作品

・須弥山(吉祥寺)・横浜グランドインターコンチネンタルホテルメインダイニング カリュウ(みなとみらい)・月の雫(横浜店、etc.)
・東方見聞録(渋谷店、etc.)・ゆう田(西麻布)
・木曽路(馬車道店、etc.)・小割烹おはし(渋谷)・橘花(渋谷)など他
概要

店舗名 [三代目文治SINGAPORE]

(サンダイメフミハルシンガポール)

9 Raffles Boulevard#01-14/15MilleniaWalk Singapore / Millenia Walk Singapore / 牛タンとおでん / 43 坪
前田太郎
三代目文治SINGAPORE 三代目文治SINGAPORE 三代目文治SINGAPORE 三代目文治SINGAPORE 三代目文治SINGAPORE 三代目文治SINGAPORE 三代目文治SINGAPORE 三代目文治SINGAPORE 三代目文治SINGAPORE

日本の縁側をイメージしたデザイン。左側の文様は伊達正宗の瑞巌寺喰堂からのモチーフです。

カウンター周り天井は墨流しをモチーフに。ミドルカウンターの椅子はオリジナルにて製作。椅子の背面は日本の伝統的な文様を使い茶系と藍色とのコントラストを付けることで存在感の演出を致しました。

天井から吊下がるペンダントランプは本木曽さわらの手桶を組み合わせ、上下に光を出せるようデザインされています。

小上がりは入りやすいステップの高さで、実際に座った時には膝が疲れないよう掘り炬燵スタイルに設計しています。横の席とはスダレによりセパレート出来ますが、宴会時にはテーブルをアジャストして一つのテーブルとして使用出来るよう考えています。

2つの個室を用意しておりますが、室内中央の建具を開け放つと宴会対応として一つの空間にセッティングできます。雪見障子ごしの盆栽が情緒感を演出しています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

SINGAPOREはアジアのハブであり、また著しい経済発展国の中で日本の良き食文化を伝えるべく一業態かと認識しています。和食の位置づけが高いこの国で新しいスタイルの和食レストランとして、トラディショナルな部分と心地よいモダンさを表現したお店ではないかと思います。東日本大震災後のGrand Openになりましたが順調に売上を伸ばし、お客様からの高い評価を頂いております。

デザイン担当

前田太郎

toao maeda

デザイナー

この作品の
イメージキーワード