1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. ラーメン康竜(大阪)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [ラーメン康竜(大阪)]

(ラーメンコウリュウ)

大阪府道頓堀 / 道頓堀 / 自分仕立てラーメン / 38 坪
兼城 祐作
ラーメン康竜(大阪) ラーメン康竜(大阪) ラーメン康竜(大阪) ラーメン康竜(大阪) ラーメン康竜(大阪) ラーメン康竜(大阪) ラーメン康竜(大阪) ラーメン康竜(大阪) ラーメン康竜(大阪)

ファサード全景。1Fはスタンディングバー、2Fがラーメン店となります。竜の住処をイメージし、道頓堀川沿いの視認性を高めるためにインパクトを与えています。

カウンター全景。ギザギザのフォルムで空間に動きを与えています。竜をモチーフにした屏風型オブジェなどのポイント装飾のみで空間に色を与えています。

テーブル席。一人でも多人数でも対応出来るよう、サイズを考慮しています。

階段壁面デザイン。円形のディスプレイ開口を設け、色分けすることでシンプルな造作ながらデザイン性をもたせています。

外部を見渡せるよう大きく切り取られた開口は圧迫感をなくし空間に開放的感と採光を取り入れます。

迫力の竜のオブジェは躍動感溢れる意匠で空間にも同じ要素をもたらし、ユーモアさを取り入れました。

中華を連想させる色相にコンセプトを摺り合わせ、彩度及び明度のバランスも考慮しました。

階段より下方を眺望。壁面素材は水平方向に向きを持たせる事で空間の奥行きをもたらします。

お店の顔となる竜のオブジェは天井面にミラーを設置する事により、反射空間を造り出して主張性を持たせます。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

業態的なものもあり、外部からの視認性を重要視してファサードの造作にウェイトを置いています。店内は導線やサービスの妨げのならない場所だけに装飾性を持たせ空間構築しています。キャッチ効果の高い顔に仕上がったのではないでしょうか。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

この作品の
イメージキーワード