1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム

株式会社リクド : デザイン作品詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都港区南青山4-20-1 [地図]
代表者 松浦弘樹
担当者 松浦弘樹
設立 2009年3月
業種・業態 企画・設計・監理・ブランディング・店舗デザイン・販促デザイン(グラフィック・ウェブ・イベント等)
デザイナー数 3人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士
一級建築士事務所
概要

店舗名 [ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム]

海外ドバイ / ザ・パーム・ジュメイラ / メンズ・レディスブティック / 40.99 坪
松浦弘樹
ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム ヴィラモーダ アトランティス・ザ・パーム

砂漠の砂を左官材として使用

エントランスは集客性を考慮した大きなエントランスドア

耐久性を考慮した砂の上に水を張ったかのような床

商品ディスプレイの密度に緩急をつけ、魅せるエリアと売るエリアを創出

インパクトのある大きな縦軸回転扉

回転扉には小物をディスプレイできる棚を設置

店舗中央に部屋(レジ、フィッティングルーム、販売スペース)を配置した回遊性を持たせたプラン

内部が発光するFRP製の什器

ソファ脇のアンティークテーブル

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

ドバイにあるセレクトショップの店舗デザインです。

「砂漠の砂左官」
国土の大部分は、平坦な砂漠地帯であるドバイという地において、最も安易に安価で手に入る建築材料は砂漠の砂です。地場の自然素材しか使えなかった時代には、風土に根ざしたその土地固有の建築が造られ、それがその土地固有の風景を生み出していました。
風土という言葉は、グローバルな現在は風化しており、都市生活の環境は、その差がなくなってきているのが実情です。しかし、本来の建材はその風土と密接な関係を持った材料であるべきだと思います。
そこで今回はその砂を左官材として空間全体に使用しました。
現代のマテリアルといえるハイテック樹脂を用いた半透明の什器と現地の建築で最もプリミティブな砂。
未来の素材と根源の素材との調和、相反する素材の組み合わせから生まれる力は、アバンギャルドな主張を前面に出すことができたと思います。
未来と根源の調和、相反するものから生まれる力・創造、完成されていない荒削りなもののみが放つ強さは、より光を放ち、強いメッセージを表すことになると思います。
砂壁(左官壁)は、塗りによって層を重ねていきます。しかし、絶対的な約束事はほとんどなく、塗り回数を増やしたり、減らしたり、手間をかけたり省略したり、途中で仕上げをやめておくことも勿論可能です。重ねて塗ることが容易なため、砂絵などの模様や、二色に分けて模様を付けることも可能です。つまり、砂壁は永遠に未完成なものであり、だからこそ美しく、強い光を放ちます。
ファッションは変化するものであり、変化していくからこそ魅力があると思います。砂壁も同様、随時、破壊と構築を繰り返すこととなるでしょう。

デザイン担当

松浦弘樹

Hiroki Matsuura

デザイナー

松浦弘樹の写真

この作品の
イメージキーワード