1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 花の慶次 応接室(東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社アクセスランキング5位 デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
スタッフ数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [花の慶次 応接室(東京)]

(ハナノケイジ オウセツシツ)

東京都中央区日本橋茅場町 / 茅場町 / ニューギン東京ビル応接室 / 8 坪
兼城 祐作 鈴木麻紗子
花の慶次 応接室(東京) ニューギン東京ビル応接室の内装・外装画像 花の慶次 応接室(東京) 花の慶次 応接室(東京) 花の慶次 応接室(東京) 花の慶次 応接室(東京) 花の慶次 応接室(東京) 花の慶次 応接室(東京) 花の慶次 応接室(東京) 花の慶次 応接室(東京)

大手パチンコメーカー、ニューギンの『ニューギン東京ビル』内の応接室を、ヒット商品【花の慶次】をテーマにデザイン。

打ち合わせテーブルの上には、連続するアーチが続く。

打ち合わせテーブルは畳の上にガラスを乗せ、和のテイストに。

連続するアーチには、表に花柄、裏には虎柄を配し、
パチンコ的なギミックに。

空間奥から入り口を見る。

原作漫画【花の慶次】の原画を使った壁面。

入り口の扉や天井には、原作漫画の名場面を白黒反転し配置。

原作漫画【花の慶次】の原画と、【傾奇御免】の文字を床の間的空間に配置。

畳テーブルの中心には、“慶次”の武器である朱槍をディスプレイ。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

大手パチンコメーカー、ニューギンの『ニューギン東京ビル』内の応接室をデザイン。
『北斗の拳』で有名な原哲夫先生の漫画を原作とした
ニューギンのヒット商品である『花の慶次』。
“傾奇者"と呼ばれる戦国武将、“前田慶次”が主人公の本作の世界感を、
空間一杯使って表現。
原哲夫先生の原画も、天井や、壁面への大判印刷に使わせて頂いた。
連続するアーチには頭上を渡り、ミラーに写り込んで幾重にも連なる。
そのアーチの表には花柄、裏には虎柄を配し、パチンコ的なギミックも。
良い意味で応接室らしからぬ、“傾いた”空間に仕上げた。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

デザイン担当

鈴木麻紗子

SUZUKI MASAKO

デザイナー

鈴木麻紗子の写真

この作品の
イメージキーワード