1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. Climax 寒河江 (山形)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [Climax 寒河江 (山形)]

山形県寒河江市 / 寒河江 / スロット専門店 / 159 坪
兼城 祐作
Climax 寒河江 (山形) Climax 寒河江 (山形) Climax 寒河江 (山形) Climax 寒河江 (山形) Climax 寒河江 (山形) Climax 寒河江 (山形) Climax 寒河江 (山形) Climax 寒河江 (山形) Climax 寒河江 (山形)

店内全景。曲線で配置されたレイアウトは、導線と視覚を配慮されています。

ファサード全景。外観を覆うように鉄筋と蔦が退廃的に演出されています。

象徴的なオブジェ照明を頭上に持つ景品カウンター。

店内全体を蔦で覆われた中に、廃材を利用して造られたスクラップオブジェ照明が設置されています。

有機的な意匠とすることでアミューズメント性を高く持たせます。

比較的暗めの内装空間はスロットホールを意識して妖艶な印象を持たせるホールを演出します。

斬新なホール空間がエキサイティングな雰囲気を醸し出し、ゲストの高揚を誘います。

天井面の赤と有機素材の蔦達のコントラストが空間に妖艶さを演出します。

黒光りしたシックな床材は機械台の反射や造作衣装を際立たせる役割を担い、空間を引き締めます。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

退廃的な空間の中に、象徴的なオブジェをポイントとして設置し、近未来的な臭いを与えることで空間にテーマを構築したスロット店です。テーマ性に沿った外装はインパクトを含め、認知度の高いものへと仕上っています。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

この作品の
イメージキーワード