1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. HOTEL C-Gran

デザイン会社概要

所在地 大阪府大阪市西区南堀江2-9-24-2F [地図]
代表者 一級建築士 武田憲昭
担当者 インテリアデザイナー 吉澤生馬
設立 2006年
業種・業態 デザイン・設計・リフォーム・リノベーション・販促物デザイン
坪単価 3万円-10万円
デザイナー数 6人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所
大阪府知事登録 (イ)第24068号

管理建築士 武田憲昭
国土交通大臣登録 第334868号

一級建築士 1名
武田憲昭

二級建築士 1名
田中貴浩

社内風景

素材選定中

その他の写真

過去作品

過去に手がけた設計デザイン

旅館 リゾートホテル 結婚式場
個人住宅 別荘 住宅リフォーム
レストラン バー ショップ
オフィス スタジオ
眼科・歯科・形成外科クリニック
薬局 集会場 寺院

賞歴

2014年 DESIGN FOR ASIA AWARDS(香港) 受賞
2014年 NICHIHA SIDING AWARD 2014 リフォーム賞受賞
2013年 JCDデザインアワード2013 BEST100 入選
2011年 JCDデザインアワード2011 BEST100 入選
2010年 第13回木材活用コンクール 第4部門賞(インテリア・家具)
2009年 四国化成施工コンテスト2009 優秀賞
2007年 Kobe Biennale 2007「アート・イン・コンテナ」コンペティション 入選
2006年 第4回だんぼーるデザインアイデアコンテスト2006 佳作
2006年 第4回ムーブアートマネージメントポートフォリオコンペティション 入選
2005年 つくば田園都市コンセプト住宅実施設計競技 2等
概要

店舗名 [HOTEL C-Gran]

(ホテル シーグラン)

HOTEL C-GranのHPへ

大阪府大阪市中央区西心斎橋2-16-5 / 難波 / ホテル / 460 坪
武田 憲昭 吉澤 生馬
HOTEL C-Gran HOTEL C-Gran HOTEL C-Gran HOTEL C-Gran HOTEL C-Gran HOTEL C-Gran HOTEL C-Gran HOTEL C-Gran HOTEL C-Gran

エントランスホール
壁面に床から天井まで連なるように吊られたブラックシャンデリア。
ミラー効果により無限に増幅し吸い込まれるような空間。
無機質な素材感で包まれた空間がバリエーション沢山の客室と対比関係にある。

(c) Stirling Elmendorf Photography

客室
(c) Stirling Elmendorf Photography

客室
(c) Stirling Elmendorf Photography

客室
(c) Stirling Elmendorf Photography

客室
(c) Stirling Elmendorf Photography

客室
(c) Stirling Elmendorf Photography

客室
(c) Stirling Elmendorf Photography

共用廊下
(c) Stirling Elmendorf Photography

外観
レンガのグラフィックを施したオリジナルのシートをアクリルに貼り作られた門型のファサード。
エントランスホールに吊られたシャンデリアがキラキラと輝き待ち行く人を内部へ誘う。

(c) Stirling Elmendorf Photography

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

「URBAN contrast style」

大阪のアメリカ村にあるファッションホテルの全面改装の計画である。
オーナーは数店のホテルを所有し、市内では初の出店となった。
計画場所であるアメリカ村はファッション、音楽、アート等、
様々なカルチャーが混在し合いながら情報を発信し続けている場所である。
今回のターゲットは主にこのアメリカ村を中心に活動をする若者達である。

南国風やフェミニン風など種々様々な装いの競合店があるこの地域で、
私たちは場所性関係なく世界観を表現するホテルではなく、アメリカ村という場所性と関係したデザインが出来ないか検討をした。
それは「〜風」という表面的な世界観が今の若者達に受け入れられず、
むしろ気恥ずかしさすら感じてしまうことを考えてのことである。

そこで私たちが導きだしたコンセプトが「URBAN contrast style」。
URBAN×アンティークブック
URBAN×障子
URBAN×カーテン
等のように、URBAN(都会的)な要素と具体的な他の要素を対比させ、ベースのURBAN(都会的)な要素によって全体をスタイリッシュでモダンな統一感を保ちながら全30室異なるデザイン・新しい価値の創造を試みた。

様々なカルチャーが互いに混在・対比し合いながら新しいカルチャーを産んでいるアメリカ村のあり方からデザインすることで、競合店との差別化を図ると共にこの場所でしかできないホテルブランディング構築の一端になることを目指した。

デザイン担当

武田 憲昭

Noriaki Takeda

一級建築士

武田 憲昭の写真

デザイン担当

吉澤 生馬

Ikuma Yoshizawa

インテリアデザイナー

吉澤 生馬の写真