1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. La apatisserie EMILY

株式会社武市ウインド名古屋 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 愛知県名古屋市守山区苗代1-13-37 [地図]
代表者 各務雅博
担当者 村田 将志
設立 1969年6月
業種・業態 店舗デザイン・オフィスデザイン・設計・施工・不動産
坪単価 10万円-70万円
飲食・オフィス・物販・サービス・ゴルフの新築・新装・改装
スタッフ数 30人
建築 建築設計可能
資格・許認可 建設業登録 愛知県知事許可(般-22) 第32339号
宅地建物取引業登録 愛知県知事免許(3) 第20731号

社内風景

情熱餃子様のOPENにて♪

過去事例

主要取引先 (株)アルペン、(株)ヴァリック、スガキコシステムズ(株)、(株)一蘭、(株)ハピネス・アンド・デイ、タイホウコーポレーション(株)、(株)マルト水谷、ミスタードーナッツ各店、名鉄産業(株)、名鉄薬品(株)、(株)コイサンズ、ブリヂストンスポーツ(株)、(株)クリエイト・レストランツ・ホールディングス等<順不同 敬称略>
概要

店舗名 [La apatisserie EMILY]

(エミリー)

La apatisserie EMILYのHPへ

  • 愛知県尾張旭市
  • 藤が丘
  • 洋菓子店
  • 3 坪
  • リフォーム改装
La apatisserie EMILY 洋菓子店の内装・外観画像 La apatisserie EMILY La apatisserie EMILY La apatisserie EMILY La apatisserie EMILY La apatisserie EMILY La apatisserie EMILY La apatisserie EMILY La apatisserie EMILY

もともとのお店の雰囲気となじませるようにベースはベージュの色味で合わせ、
今までのイメージとは少し違う、特別感を出すために黒とゴールドでひきしめてカッコいい雰囲気の工房を創りました。

正面の壁に大きく書いたロゴは、手書きで書いたような柔らかい印象のバウムクーヘン『和みの樹』と、カチッとしたフォントで書いた文字で囲って、道行く人の興味を惹くデザイン。

ゴールドの文字が大きく目立つ『BAUMKUCHEN』の看板。そこから視線をずらすとバウムクーヘンを焼いている姿がよく見えます。

店内から出ると正面に、出来立てのバウムクーヘンやケーキのデコレーション作業を見ることができる窓。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

エミリー様は今回で4度目の改装。
50周年記念に新しくバウムクーヘンを始めたいということで、もともとお店のエントランスだったところにバウムクーヘン工房を作りました。

この事例の
イメージキーワード