1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 板前寿司 江戸(東京)
兼城祐作+造形集団 株式会社
東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601
×

板前寿司 江戸(東京)

イタマエスシエド

(クリップ済) 一覧へ

店舗概要 板前寿司 江戸(東京)のHPへ

  • 東京都港区 赤坂3−9−2 No.R赤坂見附 1F
  • 赤坂見付
  • 寿司
  • 45 坪
  • 居抜き改装

担当者

イメージキーワード

兼城 祐作

この事例のコンセプト

国内外で寿司業態を展開する『板前寿司』の新店である。
店名の通り『江戸』をテーマとした空間の最大の特徴は、歌舞伎座の座敷席をイメージした客席レイアウトである。
ネタ箱の並ぶカウンターに向かって、フロアレベルを階段状にさげる「劇場型」の構成に。
仕上やディスプレイは、障子や畳、金襴織の張地や、カウンター上の櫓提灯とそれを囲む提灯の一群など、外国人客にわかりやすい和のアイテムを使用した。

この事例を手掛けた会社の概要

社名 兼城祐作+造形集団 株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601
外部リンク
代表者 兼城祐作 担当者 二宮 弘大
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
建築設計 - スタッフ数 4人