1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. The WAREHOUSE

窪田建築都市研究所 : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都目黒区東山3-6-16 石綿ビル4F [地図]
代表者 窪田 茂
担当者 佐藤未知子
設立 2003年
業種・業態 商業施設の建築・企画・デザイン・設計・監理・内装・インテリアデザイン、都市計画|東京都
スタッフ数 14名
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所
JCD(一社 日本商環境デザイン協会)理事長

社内風景

その他の写真

銀賞を頂いた、JCDデザインアワード2014の授賞式。素晴らしい賞をありがとうございました。

過去事例

※TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 六本木ヒルズ店
社団法人日本商環境設計家協会主催 JCDデザイン賞2003 入賞
財団法人店舗システム協会主催BEST STORE OF THE YEAR 2004 入賞

※Stretch Shelf (電動昇降式シェルフ)
(財) 日本産業デザイン振興会主催2003 Good Design Award 受賞
(財) 店舗システム協会主催2004 Japan Shop System Award 優秀賞

※TOKYO PEOPLE'S CAFE
(財) 店舗システム協会主催BEST STORE OF THE YEAR 2004 BEST100

※WIRED CAFE Qfront
(財) 店舗システム協会主催 BEST STORE OF THE YEAR 2004 入賞

※UT STORE HARAJYUKU
(財)日本産業デザイン振興会主催2007グッドデザイン賞 受賞
Hong kong Design Centre主催Design for Asia Grand Award 2007 受賞

※Edward Johnston cafe
社団法人日本商環境設計家協会主催 JCDデザイン賞2010 入賞

※Market Terrace Kawagoe
2010かわごえ都市景観表彰 都市景観デザイン賞受賞

※Mercedes-Benz Connection
社団法人日本商環境設計家協会主催 JCDデザインアワード2011 銀賞
一般社団法人照明学会主催 2011照明普及賞受賞

※FUTATA THE FLAG
第25回福岡市都市景観賞 屋外広告部門

※SUIT SELECT EBISU
社団法人日本商環境設計家協会主催 JCDデザインアワード2013 入賞

※Mercedes-Benz Connection#2 #3
社団法人日本商環境設計家協会主催 JCDデザインアワード2013 入賞

※今治タオル 南青山
社団法人日本商環境設計家協会主催 JCDデザインアワード2013 銀賞
Hong kong Design Centre主催 Design for Asia Merit Award 2013 受賞

※WEEKEND GARAGE TOKYO
社団法人日本商環境設計家協会主催 JCDデザインアワード2014 銀賞
概要

店舗名 [The WAREHOUSE]

(ザウェアハウス)

The WAREHOUSEのHPへ

  • 神奈川県川崎市殿町3-25-11
  • 川崎駅・キングスカイフロント入口(バス)
  • ホテル・カフェ・レストラン・コワーキングスペース
  • 2,281 坪
  • 建築から設計
The WAREHOUSE ホテル・カフェ・レストラン・コワーキングスペースの内装・外観画像 The WAREHOUSE The WAREHOUSE The WAREHOUSE The WAREHOUSE The WAREHOUSE The WAREHOUSE The WAREHOUSE The WAREHOUSE

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

「キングスカイフロント」とは、川崎市が進める川崎区殿町の国際戦略開発エリアである。
羽田国際空港の南西、多摩川の対岸に位置する約40ヘクタールの土地には、世界中からライフサイエンス企業が集合し、健康・医療の研究開発が行われる。このキングスカイフロントの一角に、The WAREHOUSEはオープンした。ホテル、コワーク、レストラン、ルーフトップバー、BBQ、ライフスタイルから成り立つコンプレックスホテルである。
多摩川の河川敷やサイクルロード、隣地の市の公園とも繋がっており、ここからサイクリングやランニング、ヨガなどを中心としたイベントが開催されることになる。研究者や地域の方々の交流の場として賑わいが創出され、新しいライフスタイルが生まれる。
ここはかつていすゞ自動車のあった跡地であり、日本の高度成長期を支えた京浜工場地帯の上に立つ。デザインはその土地の持つ記憶から工場や倉庫のようなインダストリアルな印象でまとめた。シンプルかつ機能的な空間では、「学ぶこと」「遊ぶこと」「滞在すること」様々な利用方法に合わせて人々が自由に活動し、新たな発想が生まれ出ることを期待する。
施設を動かす約30%の電力は、ホテルからでる使用済みのプラスチックゴミから出来る水素発電を利用している。地産地消のエネルギーシステムにより環境保全に貢献する施設である。
2020年までには目の前に、羽田空港とつなぐ橋がかかり、空港まで歩いて行けるようになる。更に開発が進むキングスカイフロントにおいて、世界と地域の新しいコミュニティ拠点となるホテルを目指した。

デザイン担当

窪田 茂

KUBOTA SHIGERU

デザイナー

窪田 茂の写真

この事例の
イメージキーワード