1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. 神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY

株式会社AT.O.DE : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 大阪府大阪市中央区淡路町2-4-6 第三エーシービル-3F [地図]
代表者 岡内篤人
担当者 岡内篤人
設立 2009年
業種・業態 商業施設・店舗・インテリア・家具のデザイン・設計及びプロデュース
スタッフ数 3人
建築 建築設計可能
資格・許認可 商業施設士

社内風景

過去事例

スイスホテル南海大阪 ロビーラウンジ/客室
マリオット北京 HUI
ヒルトン名古屋 KIWAMI
HOTEL SHE, KYOTO
HOTEL SHE, OSAKA
HOTEL四季靭公園
HOTEL CODE SHINSAIBASHI
鶴見之森迎賓館
北野クラブ Sola
DOUTOUR COFFEE西天満
PABLO表参道
CAFE CONTEMPO
Tavola36
L'esprit de Coeur de France
Cafe de Corse
他多数
概要

店舗名 [神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY]

(コウベビーフカン)

神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERYのHPへ

兵庫県神戸市中央区北野町1新神戸オリエンタルアベニュー3F / 新神戸 / 神戸ビーフの情報発信施設 / 42 坪
岡内篤人
神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY 神戸ビーフの情報発信施設の内装・外観画像 神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY 神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY 神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY 神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY 神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY 神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY 神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY 神戸ビーフ館/KOBE BEEF GALLERY

神戸ビーフの祖、田尻号のグラフィックが映える鉄板カウンター

牧場風景のグラフィックカウンター

神戸牛の格付け等級をアクリルオブジェで紹介

神戸ビーフのさまざまな情報を展示

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

神戸ビーフの情報発信の総合施設です。

エントランスに神戸ビーフの肉の等級をアクリルオブジェで表現し、通行人の興味を引くアイキャッチになるようにデザインしました。

神戸牛のステーキが楽しめる鉄板カウンターには伝説の但馬牛「田尻号」のグラフィックをあしらい、伝統と品質の追求をイメージした客席になっています。

デザイン担当

岡内篤人

Atsuto Okauchi

この事例の
イメージキーワード