1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. ふじさん腎臓内科クリニック

有限会社アルボス : デザイン事例詳細

クリップとは

デザイン会社概要

所在地 東京都中野区中野6-1-21フートン107 [地図]
代表者 関根裕司
担当者 関根裕司
設立 1994年
業種・業態 デザイン・設計のみ
坪単価 35万円-250万円
改装から高級仕様ビルまで
スタッフ数  2人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士

社内風景

過去事例

クリニック(全科目OK)280件、クリニック併用住宅18件、
店舗(インド料理、中国料理、薬局、他)8件、商業ビル7件、
集合住宅11件、専用住宅20件、オフィスビル4件、ホテル2件、
別荘2件
概要

店舗名 [ふじさん腎臓内科クリニック]

(フジサンジンゾウナイカクリニック)

  • 山梨県富士吉田市
  • 富士山駅
  • 透析クリニック
  • 322.01 坪
  • 建築から設計
ふじさん腎臓内科クリニック 透析クリニックの内装・外観画像 ふじさん腎臓内科クリニック ふじさん腎臓内科クリニック ふじさん腎臓内科クリニック ふじさん腎臓内科クリニック ふじさん腎臓内科クリニック ふじさん腎臓内科クリニック ふじさん腎臓内科クリニック ふじさん腎臓内科クリニック

ファサードを構成するエントリーも透析室も、富士山に向かって開いている。

富士山が目の前にある。その富士山に向かって開かれた透析処置室が患者を迎える。

透析処置室は大屋根の無柱空間になっている。

透析処置室内にある医療スタッフのステーションカウンター。すべてが見渡せるようになっている。

一般受付カウンター。左の木組みの壁の裏には来院患者の車いすが収納される。

透析処置は、一斉に行われるため、患者の入れ替え時は待合が混む。ただし、この待合に長時間滞在する患者は少ない。

待合スペース。奥を左に曲がると透析処置室にエントリーする。右側は診察ゾーンと更衣室がある。

待合ホールの面した家族相談室。

車いす患者が多いので、外来WCを広くしている。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

透析医療施設は、難病指定の慢性疾患を扱う。気分が落ち込まないように開放的で明るいイメージを大切にした。

デザイン担当

関根裕司

yuji sekine

総括

関根裕司の写真

デザイン担当

長谷川竜也

tatsuya hasegawa

実施設計監理

この事例の
イメージキーワード