1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 笑い屋 札幌 (北海道)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [笑い屋 札幌 (北海道)]

北海道札幌市清田区 / 札幌 / 創作料理居酒屋 / 79 坪
兼城 祐作 佐藤弘美
笑い屋 札幌 (北海道) 笑い屋 札幌 (北海道) 笑い屋 札幌 (北海道) 笑い屋 札幌 (北海道) 笑い屋 札幌 (北海道) 笑い屋 札幌 (北海道) 笑い屋 札幌 (北海道) 笑い屋 札幌 (北海道) 笑い屋 札幌 (北海道)

店内の中央に配置されたシンボル的なブース席は鉄板を円形に曲げ形成されています。型抜きした模様と上部からの発光による演出効果も担っています。

ファサード全景。光りのラインと木のルーバーシルエットによりダイナミックに仕上げています。郊外型の店舗として認知力の高い外装へ仕上がったと思います。

カウンター全景。テーブル照明として一組毎にスタンドライトを設置しています。

円形ブース席外観。床からのライトアップにより主張ある演出をしています。

逆L型に組まれたアプローチは規則的な意匠とし、空間に連続性を持たせます。

天井より下がる造作オブジェは妖艶な空間を演出し、ゲストの視線を釘付けにします。

有機的なブースは空間に躍動感をあたえます。

壁面のアートイラストは空間にインパクトを与えます。

暖色の光源がエイジング加工をかけたブースをきらびやかに彩ります。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

和をベースにしながら郊外型店舗という事もあり、カップルからファミリー層まで幅広く対応できる店造りとしています。客席毎に高低差を設け、渡り床などのアミューズメント性を少し加えることで視覚的にも感覚的にも楽しませられるよう配慮して構成されています。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

デザイン担当

佐藤弘美

HIROMI SATO

デザイナー

佐藤弘美の写真

この作品の
イメージキーワード