1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 川湯温泉 冨士屋旅館 受賞作品

デザイン会社概要

所在地 大阪府大阪市西区南堀江2-9-24-2F [地図]
代表者 一級建築士 武田憲昭
担当者 インテリアデザイナー 吉澤生馬
設立 2006年
業種・業態 デザイン・設計・リフォーム・リノベーション・販促物デザイン
坪単価 3万円-10万円
デザイナー数 6人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所
大阪府知事登録 (イ)第24068号

管理建築士 武田憲昭
国土交通大臣登録 第334868号

一級建築士 1名
武田憲昭

二級建築士 1名
田中貴浩

社内風景

素材選定中

その他の写真

過去作品

過去に手がけた設計デザイン

旅館 リゾートホテル 結婚式場
個人住宅 別荘 住宅リフォーム
レストラン バー ショップ
オフィス スタジオ
眼科・歯科・形成外科クリニック
薬局 集会場 寺院

賞歴

2014年 DESIGN FOR ASIA AWARDS(香港) 受賞
2014年 NICHIHA SIDING AWARD 2014 リフォーム賞受賞
2013年 JCDデザインアワード2013 BEST100 入選
2011年 JCDデザインアワード2011 BEST100 入選
2010年 第13回木材活用コンクール 第4部門賞(インテリア・家具)
2009年 四国化成施工コンテスト2009 優秀賞
2007年 Kobe Biennale 2007「アート・イン・コンテナ」コンペティション 入選
2006年 第4回だんぼーるデザインアイデアコンテスト2006 佳作
2006年 第4回ムーブアートマネージメントポートフォリオコンペティション 入選
2005年 つくば田園都市コンセプト住宅実施設計競技 2等
概要

店舗名 [川湯温泉 冨士屋旅館 受賞作品]

川湯温泉 冨士屋旅館 受賞作品のHPへ

和歌山県田辺市本宮町川湯1452 / 新宮 / 旅館 / 104 坪
武田 憲昭 吉澤 生馬
川湯温泉 冨士屋旅館 受賞作品 川湯温泉 冨士屋旅館 受賞作品 川湯温泉 冨士屋旅館 受賞作品 川湯温泉 冨士屋旅館 受賞作品

客室(ほたる)のソファースペースからベッドスペースを見る。
熊野地方の地場杉を薄くスライスしてランダムに貼った壁・パーティションを作りました。

客室(せきれい)のベットスペースから客室露天風呂を見る。
熊野地方の地場竹で壁・パーティションを作り、 竹の間から空間が見え隠れする奥行き感を作り出しています。

貸切露天風呂
全身浴と寝湯が一体になった大きな浴槽。
肩までお湯に浸ったり、寝湯に寝転んだり、 すこし腰掛けてお酒を飲んだりと、一つの浴槽で様々な 楽しみ方が出来る。

食事処
完全個室でゆっくりと食事を楽しんでいただけるよう、 しっとりとした照明計画としました。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

世界遺産 熊野古道に程近い川湯温泉郷にある冨士屋旅館の、 露天風呂付客室3室、貸切露天風呂、食事処のリニューアル計画です。

コンセプト
今回のリニューアルに際し、地域の環境と特性をオーナー様と共にリサーチして汲み上げていくことにより、ここにしかない独自の面白さや新しいアクティビティーが生まれる場所を作ることを提案した。様々な可能性を検証した結果、私達は計画旅館の前を流れる河原から湧き出る温泉をテーマとした。開放的な河原に自分だけの露天風呂をスコップで河原を掘って作り入る解放感。そしてこの露天風呂を囲みながら食べ・飲み・語らう、露天風呂中心のアクティビティー。これこそがこの温泉郷最大の特徴であり、この解放感とアクティビティーを計画の空間に持ち込むことを試みた。また空間の背景となる床・壁・天井に地場の素材を用いる計画とし、より一層地域性を意識した計画とした。

客室
客室面積に対して大きな露天風呂を計画し、全身浴に加えて足湯を行うことのできる一体の大きな浴槽で露天風呂中心のひと時を過ごしていただくことをおもてなしとする「客室付露天風呂」を提案した。

貸切露天風呂
全身浴と寝湯を一体とした大きな浴槽を計画し、人それぞれ様々な体勢・スタイルで温泉を楽しむ河原の露天風呂のようなスタイルを提案した。

無為ノ間
食事処へのアプローチを兼ねる無為ノ間は地域アーティストの展示や、茶会や華の会がオーナーにより行われる。

掲載情報
じゃらん 2009年2月号
テレビ朝日「秘湯ロマン」 2009年6月放送
朝日放送「おはよう朝日/今朝のクローズアップ」 2009年2月5日放送
関西テレビ「よ-いドン!/いい宿ほっこり自画自賛温泉」 2010年1月18日放送
商店建築 2009年8月号
婦人画報 2010年6月号

賞歴
四国化成 施工コンテスト2009 優秀賞受賞
第13回木材活用コンクール 第4部門賞(インテリア・家具)受賞

デザイン担当

武田 憲昭

Noriaki Takeda

一級建築士

武田 憲昭の写真

デザイン担当

吉澤 生馬

Ikuma Yoshizawa

インテリアデザイナー

吉澤 生馬の写真

この作品の
イメージキーワード