1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 東京デラックス(東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [東京デラックス(東京)]

(トウキョウデラックス)

東京都町田 / 町田 / 焼鳥とハイボール / 20.8 坪
兼城 祐作
東京デラックス(東京) 東京デラックス(東京) 東京デラックス(東京) 東京デラックス(東京) 東京デラックス(東京) 東京デラックス(東京) 東京デラックス(東京) 東京デラックス(東京) 東京デラックス(東京)

特注製作したウイスキー樽型の内照式ディスプレイを、ミラー貼りの天井で増殖させることでデラックス感を演出。

ファサード。ウイスキー樽型の大型サインは、飲食系店舗が立ち並ぶ立地に置いても、訴求効果は抜群で来店誘致への強力な武器となっています。

カウンター席。古材が店内を包み込み、温もりを与えてくれます。

カウンター席。トリスウィスキーの人気キャラクター、アンクルトリスが腰掛ける、お茶目なハイボールタワー。

テーブル席。木調の店内に赤茶けた照明の効果が加わり、古き良き居心地を感じる空間になっています。

トリスのポケット瓶ディスプレイ。

ミラー貼りのラウンジスペース。迫力と奥行のある空間に仕上がっています。

柔らかい照明とレトロチックな額縁ディスプレイが飾られたソファー席は、ほのかなゴージャスさを漂わせています。

ラウンジスペース。温もりとデラックス感を古材を用いて包み込みユルい寛ぎの空間を演出。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

焼鳥とハイボールを提供する、焼鳥バー「東京デラックス」。
特注製作したウイスキー樽型の内照式サインや古材をフルに活用し、寛ぎを提供するアンティーク感たっぷりの空間を構築。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

この作品の
イメージキーワード