1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 桃色吐息(東京)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [桃色吐息(東京)]

(モモイロトイキ)

東京都杉並区上荻 / 荻窪 / 昭和歌謡と乙女のバー / 8.4 坪
兼城 祐作
桃色吐息(東京) 桃色吐息(東京) 桃色吐息(東京) 桃色吐息(東京) 桃色吐息(東京) 桃色吐息(東京) 桃色吐息(東京) 桃色吐息(東京) 桃色吐息(東京)

カウンター全景。L字型のカウンターの端が壁になり、さらに天井を這うように覆い造形的な意匠を魅せています。

エントランスからの店内アングル。生地貼りのパーティションパネルを半月状にくり抜き、お店側とお客様との双方の視認性を確保しつつ、本来の間仕切りとしての機能を備えています。

客席スペースを広くとる為にカウンターをL字型に配し、さらに客同士の視線交錯を防ぐと共に、接客効率の向上も計った空間構成になっています。

天井に煌めくシャンデリア。

店内全景。店内を生地貼りに統一し、全体的な一体感を重視しています。

カラオケバーとして肝になるモニターを、店内の視点が集まる場所へ配置し、皆で楽しめるよう配慮しています。

天井見上げのカット。

天井には意匠として、多角形型に掘り込み、中心から放射状に着物風の生地を貼りこんだ

カウンター席。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

昭和歌謡をテーマにしたカラオケバーです。狭小の空間を感じさせないように全体的な一体感を重視したデザインです。カウンターを中心に着物風の張り地が全体を覆う店内は、旧き良き哀愁が漂う、心地良い華やかな空間を演出しています。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

この作品の
イメージキーワード