1. トップ
  2. デザイン事例を探す [ 事例一覧 ]
  3. ゆるり 橋本 (神奈川)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン事例詳細

クリップとは
デザイン会社アクセスランキング8位 デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
スタッフ数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [ゆるり 橋本 (神奈川)]

  • 神奈川県相模原市橋本
  • 橋本
  • 炭火焼と旬の魚料理
  • 60 坪
  • リフォーム改装
ゆるり 橋本 (神奈川) 炭火焼と旬の魚料理の内装・外観画像 ゆるり 橋本 (神奈川) ゆるり 橋本 (神奈川) ゆるり 橋本 (神奈川) ゆるり 橋本 (神奈川) ゆるり 橋本 (神奈川) ゆるり 橋本 (神奈川) ゆるり 橋本 (神奈川) ゆるり 橋本 (神奈川)

店内中央の配置された四つの卵型のブース席。

エントランス通路。アーチ型のパネルの連続は、歩きながら店内をちらちら見せる事により、空間への期待を促します。

エントランスアーチの終点から見る店内風景。店内はエントランスのそれとは異なるデザインのギザギザのアーチで覆われています。

中二階よりアーチを見下ろす。柔らかな形状は内部空間とは違った、カタチとして視覚に入ります。

茶色を基調にした空間は落ち着きと安らぎをゲストに提供します。

造形的なブースはインパクト大でゲストの第一印象に強く影響を与えます。

エントランスは有機的な意匠とする事で来店されるゲストの視線を釘付けにします。

造形のアーチは空間に動きを持たせエンターテイメント性を持たせます。

妖艶なファサードは街行く人々の視線を釘付けにします。

▼この事例のその他の写真

▼この事例のコンセプト

中央に配置された卵型のブース席の連なりを軸に、様々なデザイン要素を持つ空間が配置され、落ち着いた木材の色調をベースに様々なカタチを融合させた店舗空間です。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

この事例の
イメージキーワード