1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. with me Gift Show 2011

デザイン会社概要

所在地 大阪府大阪市西区南堀江2-9-24-2F [地図]
代表者 一級建築士 武田憲昭
担当者 インテリアデザイナー 吉澤生馬
設立 2006年
業種・業態 デザイン・設計・リフォーム・リノベーション・販促物デザイン
坪単価 3万円-10万円
スタッフ数 6人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所
大阪府知事登録 (イ)第24068号

管理建築士 武田憲昭
国土交通大臣登録 第334868号

一級建築士 1名
武田憲昭

二級建築士 1名
田中貴浩

社内風景

素材選定中

その他の写真

過去作品

過去に手がけた設計デザイン

旅館 リゾートホテル 結婚式場
個人住宅 別荘 住宅リフォーム
レストラン バー ショップ
オフィス スタジオ
眼科・歯科・形成外科クリニック
薬局 集会場 寺院

賞歴

2014年 DESIGN FOR ASIA AWARDS(香港) 受賞
2014年 NICHIHA SIDING AWARD 2014 リフォーム賞受賞
2013年 JCDデザインアワード2013 BEST100 入選
2011年 JCDデザインアワード2011 BEST100 入選
2010年 第13回木材活用コンクール 第4部門賞(インテリア・家具)
2009年 四国化成施工コンテスト2009 優秀賞
2007年 Kobe Biennale 2007「アート・イン・コンテナ」コンペティション 入選
2006年 第4回だんぼーるデザインアイデアコンテスト2006 佳作
2006年 第4回ムーブアートマネージメントポートフォリオコンペティション 入選
2005年 つくば田園都市コンセプト住宅実施設計競技 2等
概要

店舗名 [with me Gift Show 2011]

with me Gift Show 2011のHPへ

東京都江東区有明3-11-1東京ビッグサイト / 国際展示場 / ジュエリー企業展示ブース / 3 坪
武田 憲昭 吉澤 生馬
with me Gift Show 2011 ジュエリー企業展示ブースの内装・外装画像 with me Gift Show 2011 with me Gift Show 2011 with me Gift Show 2011 with me Gift Show 2011 with me Gift Show 2011 with me Gift Show 2011 with me Gift Show 2011 with me Gift Show 2011

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

ジュエリーボックスを散りばめた展示ブース

山梨県にあるジュエリー企業が企画デザインから製造販売までを手掛けるブランド「with me.」の什器と展示ブースの計画を依頼された。今回新しい販売方法として、ジュエリーだけでなく什器とセットで小売店にお届けし簡単に販売を始めていただくことを目的とされていた。
「with me.」は好きな人とお揃いのジュエリーを身につける幸せな気持ちを届けるブランドで、カップル向けのペアアクセサリーのみを扱うブランドである。「with me.」のジュエリーボックスにはブランドイメージである縦横に交差する水色の帯が二人の絆を表している。

そこで私たちはブランド設立当初から使われている「with me.」のジュエリーボックスを大小様々な什器に置き換え空間に散りばめることを考えた。

什器は大中小の3タイプを用意し販売スタイルを選んでいただけるようにした。
運搬時にジュエリーボックスを閉じた形状で運ばれ展示の際に蓋を開くと陳列台が現れる自立式の大什器、一人でも持ち運べるサイズでコンパクトにテーブルなどの上に置いて設置することが出来る中什器、また紙製で簡単な金物で壁面に引っ掛けて使うことも出来る小什器の3タイプである。
展示ブースは中央に大什器、その周りに中・小什器を配置しワクワク感やドキドキ感が全体として感じ取れるレイアウトとした。

このジュエリーボックスをモチーフにした什器、展示ブースのデザインはまさに“幸せな気持ちを届ける”“二人の絆”というブランドコンセプトを表現したものであると言える。
ジュエリーボックスがたくさん並ぶ様はアイキャッチ力が強く、行き交う人の興味を惹き付ける。また実際に商品を入れるジュエリーボックスをリピートして見せることでより強いブランド力を表現することが出来ると考えた。
ジュエリーボックスは全国、世界へと散りばめられ、ジュエリーを売りやすくするためだけでなく「with me.」のブランドを発信する役目も担うことになる。

デザイン担当

武田 憲昭

Noriaki Takeda

一級建築士

武田 憲昭の写真

デザイン担当

吉澤 生馬

Ikuma Yoshizawa

インテリアデザイナー

吉澤 生馬の写真