1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. rule contradiction style

デザイン会社概要

所在地 大阪府大阪市西区南堀江2-9-24-2F [地図]
代表者 一級建築士 武田憲昭
担当者 インテリアデザイナー 吉澤生馬
設立 2006年
業種・業態 デザイン・設計・リフォーム・リノベーション・販促物デザイン
坪単価 3万円-10万円
デザイナー数 6人
建築 建築設計可能
資格・許認可 一級建築士事務所
大阪府知事登録 (イ)第24068号

管理建築士 武田憲昭
国土交通大臣登録 第334868号

一級建築士 1名
武田憲昭

二級建築士 1名
田中貴浩

社内風景

素材選定中

その他の写真

過去作品

過去に手がけた設計デザイン

旅館 リゾートホテル 結婚式場
個人住宅 別荘 住宅リフォーム
レストラン バー ショップ
オフィス スタジオ
眼科・歯科・形成外科クリニック
薬局 集会場 寺院

賞歴

2014年 DESIGN FOR ASIA AWARDS(香港) 受賞
2014年 NICHIHA SIDING AWARD 2014 リフォーム賞受賞
2013年 JCDデザインアワード2013 BEST100 入選
2011年 JCDデザインアワード2011 BEST100 入選
2010年 第13回木材活用コンクール 第4部門賞(インテリア・家具)
2009年 四国化成施工コンテスト2009 優秀賞
2007年 Kobe Biennale 2007「アート・イン・コンテナ」コンペティション 入選
2006年 第4回だんぼーるデザインアイデアコンテスト2006 佳作
2006年 第4回ムーブアートマネージメントポートフォリオコンペティション 入選
2005年 つくば田園都市コンセプト住宅実施設計競技 2等
概要

店舗名 [rule contradiction style]

rule contradiction styleのHPへ

大阪府大阪市北区 / 大阪 / ドメスティックブランドアパレルショップ / 27 坪
武田 憲昭 吉澤 生馬
rule contradiction style ドメスティックブランドアパレルショップの内装・外装画像 rule contradiction style rule contradiction style rule contradiction style rule contradiction style rule contradiction style rule contradiction style rule contradiction style rule contradiction style

(c)Stirling Elmendorf
入口からショップ内全体を見る

(c)Stirling Elmendorf

(c)Stirling Elmendorf
全長8mの人造大理石のテーブル什器がショップ内に鎮座する

(c)Stirling Elmendorf
コンクリートブロックとガラスによって作られたレジカウンターを見る

(c)Stirling Elmendorf
店外を見る
人造大理石のテーブル什器、足場板を積み重ねたディスプレイ台、合板を積み重ねた平置き什器

(c)Stirling Elmendorf
荒々しく力強いコンクリートの躯体とガラス什器のコントラストの美しさ

(c)Stirling Elmendorf
什器のディテール
構造用合板を72枚積み重ねて制作
少しずつ角度をずらしながら積む事で美しいシェイプが生まれた

(c)Stirling Elmendorf
外観
元々駐車場だったところを改修し今回のショップになっている

(c)Stirling Elmendorf
前面道路との関係

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

無骨でエレガントなアパレルショップ

大阪梅田、グランフロンティアにほど近いビルの1Fにrule contradiction styleはオープンしました。
店舗はメンズのドメスティックブランドを扱うセレクトショップで今回はより年齢層の高い30代のお客様がメインターゲットとなることが考えられました。
私たちはあえて何も作らず、建設当時に書き込まれた職人の手書きの文字や解体後等の痕跡の残る荒々しい躯体をそのまま店舗の内装として利用することを考えました。その荒々しい空間の真ん中に一台、人工大理石でできた8mの長いテーブルが置かれます。他にもコンクリートブロックに置かれたガラス什器、合板で作られた美しいシェイプ等、荒々しい部分と美しい部分の対比が無骨でありながらもエレガントな空間に仕立てます。
取り扱われるブランドのイメージである無骨さとエレガントさといった相反する要素が共存する空間が完成しました。

デザイン担当

武田 憲昭

Noriaki Takeda

一級建築士

武田 憲昭の写真

デザイン担当

吉澤 生馬

Ikuma Yoshizawa

インテリアデザイナー

吉澤 生馬の写真