1. トップ
  2. デザイン作品を探す [ 作品一覧 ]
  3. 炙り師 銭形(沖縄)

兼城祐作+造形集団 株式会社 : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社商店建築掲載数ランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 富士蔵ハイツ601 [地図]
代表者 兼城祐作
担当者 鈴木麻紗子
設立 2000年
業種・業態 飲食店を中心とする商業施設デザイン・設計
デザイナー数 4人

社内風景

Meeting space

その他の写真

『Yusaku Kaneshiro』DESIGNERS SHOWCASE vol.5

概要

店舗名 [炙り師 銭形(沖縄)]

(アブリシゼニガタ)

炙り師 銭形(沖縄)のHPへ

沖縄県沖縄市美原美原2-27-3 / 沖縄 / 原始焼き居酒屋 / 100 坪
兼城 祐作 鈴木麻紗子
炙り師 銭形(沖縄) 炙り師 銭形(沖縄) 炙り師 銭形(沖縄) 炙り師 銭形(沖縄) 炙り師 銭形(沖縄) 炙り師 銭形(沖縄) 炙り師 銭形(沖縄) 炙り師 銭形(沖縄) 炙り師 銭形(沖縄)

店の核となる円形の焼き台とカウンター席。
炭火の周囲に食材を刺して焼く“原始焼き”スタイルの焼き台は、
スタッフが360°周回し食材を管理出来る様デザインした。

ファサード全景。
県道に面した1階駐車場+2階店舗の建築を活かし、祭り櫓をイメージした意匠と、巨大な『炙り太鼓』のサインオブジェを取り付けた。

視認性の高い『炙り太鼓』のサインオブジェを顔とした、祭り櫓をイメージしたエントランス。

6台並んだ円形のブース席は、
櫓組から吊した平太鼓シャンデリアが特徴。
店内中央のカウンターに向かってそれぞれ角度を変えている。

直径30cmの和太鼓を積み重ねた特種なブース席。

天井高をフルに使って組み上げた祭り櫓のディスプレイは、
カウンター席とともに店内の顔に。

角ブース席。

小上がり席。
建具で仕切れるので、少人数から宴会までいろいろなシーンに対応可能。

いろりの雰囲気を模した小上がり席。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

炭火の周囲に食材を刺して焼く“原始焼き”スタイルのカウンターが特徴の、炙り居酒屋。
スタッフが360°周回し食材を管理出来る様デザインした焼き場を中心に、ブース席やラウンジ席など、様々なシーンに対応出来る様、各席をレイアウトした。
焼き場から着想を得てデザインテーマを『炙り太鼓』とし、1,111個の太鼓をディスプレイに使用。
カウンターの見せ方と共に、遊びと大人な空気感が同居した空間に仕上がった。

デザイン担当

兼城 祐作

YUSAKU KANESHIRO

デザイナー

兼城 祐作の写真

デザイン担当

鈴木麻紗子

SUZUKI MASAKO

デザイナー

鈴木麻紗子の写真

この作品の
イメージキーワード